« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

生活を楽しむ工夫

ある講師は古いアパートに住んでいた。畳の部屋とつながったフローリングの部屋にもゴザを敷き、ライトは球状の和紙のシェードで和風テイスト。大きな観葉植物の鉢植えの他に、テーブルにはいつも季節の花が飾ってあった。ライトは天井からそのまま垂直に垂らすのではなくて、天井から垂れるライトの長いコードを部屋の隅の方の天井にフックで引っ掛け、そこから垂らしていた。つまり部屋の中心からライトがぶら下がっているのではなく、部屋の隅の方にぶら下がっていて、間接照明風になっていたの。

続きを読む "生活を楽しむ工夫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

荏柄天神社で観梅

050225egaratenjinjyahonden 鎌倉宮にもほど近い荏柄天神社(えがらてんじんじゃ)は、菅原道真を祭る歴史ある神社。鳥居をくぐり階段を上がると、御門の手前右に060225egaratenjinjyaomoino_1 「想いのまま」という名の梅が…一本に紅白の梅が咲くらしいが、土曜日はまだツボミだったので、また見に行きたい。名前が付いているなんてステキね。
御門の向こうに見えるは朱塗りのあでやかな本殿が目を引く。静かでこぢんまりていて、なぜかホッと落ち着く。

続きを読む "荏柄天神社で観梅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

英語?米語?

以前、私は何人ものイギリス講師に長い間英語を習っていたことがあるの。別のイギリス人の講師に替わると必ず、イギリスで英語を勉強したのか?と聞かれた。いいえ、私はずっと日本で勉強している。どうやら私の英語はイギリス風らしい。

続きを読む "英語?米語?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月20日 (月)

なぜかルノアール

Renoir どこにでも昔からある喫茶室ルノアール…鎌倉駅の近くにもしっかりある。鎌倉にはいろんなカフェがあるけど不思議とルノアールはゆっくりできる。わざわざ鎌倉に来てルノアールじゃなくてもイイんじゃない?って感じかもしれないけど、夜が早い鎌倉で夜9時まで開いてるいのもウレシイ。

続きを読む "なぜかルノアール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

パートナー

去年まで習ってた英語講師が言っていた。「鎌倉でよく老人が犬を連れているのを見かけるが、過保護にも犬を抱っこして歩いてる人がいる」。彼曰く、日本人はパートナーを失ったり子供が独立すると、世話を焼く対象物がいなくなり、まるで自分の子供のように犬を可愛がると言うのだ。しかも特に女性に多いんじゃないかと思っている。女性は子供の面倒を見るので(母性本能?)、女性の方が世話を焼くのが好きなのだそうだ。そこで彼の疑問…なぜ日本の老人はパートナーを求めないのか?

続きを読む "パートナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

雑貨屋Moonのカゴ

MoonJR鎌倉駅にほど近い東急ストア前にある雑貨屋ムーン。一階の生地屋さん・ケイト屋の横から狭くて急な階段を上がった2階にある。小物やアクセサリー、服が並ぶカワイイお店。ハロウィーンやクリスマスなど季節ごとにウィンドウが飾られ、それだけでもウキウキ! 気分が盛り上がるね!

続きを読む "雑貨屋Moonのカゴ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

日本で英語を学ぶ事

鎌倉で英語のレッスンを受けてもう丸3年…今の講師は3人目で、去年の12月から英語を習っているの。前の講師に紹介してもらったのよ。私には久しぶりのアメリカ人講師!その講師に替わって以来、新聞を教材にボキャブラリーを増やすことを当面の目標にしてる。

前の講師は、忙しかったら宿題やらなくてもイイよって感じだったけど(もちろん、いつもちゃんとやったけど!)、今の講師は全くおかまいなし。スッゴクおかしな人だけど仕事はきちんとこなしてくれる厳しくもイイ講師です。

続きを読む "日本で英語を学ぶ事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

Song Be Cafeでフォー

0601songbecafe JR鎌倉駅、東京方面一番端からも見えるソンべカフェは、ベトナム料理を中心にしたアジアン料理のカフェ。ベトナムで買い付けした雑貨も売っていて楽しい。(食事が運ばれて来る前に、食事が済んでお腹がいっぱいになった後に、トイレに行くついでにも、ベトナム雑貨をチェックしてみよう。)

続きを読む "Song Be Cafeでフォー"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »