« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

coupleという単位

coupleは、まさにそのまんまカップル、1組、1対、ペア…つまり2を表しているけど、a couple (of) になると、なぜか2~3(またはそれ以上の場合もあるみたい)を意味し、ちょっぴりアバウトになってしまう。
鎌倉でのレッスンがスタートしてしばらく経った時のこと、その当時の英語講師が嘆いていた。「なんで日本の食器は5客が1セットなの?私はどうしても6客欲しいの!」。それを聞いて、私はあるフランス人講師の話を思い出した。
私はかつてフランス語を習っていたことがあるのだが、その時のフランス語講師が言っていたの。日本の食器は5客が1セットだけど、フランスでは普通、複数がセット…2、4、6、8、10、12客…。それから日本の5客に対して、フランスでは6客が1セットなのは、1ダース=12の半分だからじゃないかと思うと…。

続きを読む "coupleという単位"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

八幡様の神苑ぼたん庭園

060422botanen2 八幡様のぼたん園は春と冬にオープンする。冬の間ずっといつ開くのか待っていたのに、オープンしなかったので久しぶりね。八幡様の鳥居をくぐり、すぐ右側にぼたん園はある。「ぼたん 見ごろです」と書いてある看板を確認し、300円払い、中へ入った。源氏池に沿った長細い園内には、赤やピンク、白など様々なボタンが咲き始めていた。看板とはチョット違い、そろそろ見ごろを迎えようとしているみたい。なぜかボタンの近くには傘が地面に刺さっている。種類が多くて何枚も激写してしまった。こんなにいっぱいボタンの写真撮ってどーすんの?

060422botanenbotan 大輪のボタンは何枚もの花びらを重ね、どこか和風でありながらゴージャス!あでやかな着物の柄に見える。あるいは裏地に凝ったり半襟に凝ったりする日本的なイメージにも重なる。コサ ージュにして服に付けてもカワイイだろうなぁ。

続きを読む "八幡様の神苑ぼたん庭園"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年4月20日 (木)

美容院 Salon de Mieux

060415salondemieux 日曜日にどーしても美容院に行きたかった。だってその日がベストなんだもん。しかしどーしても流鏑馬が見たかった。そこで考えた…じゃあ鎌倉の美容院に行けばイイんじゃない?ってことで早速サイトチェックして、口コミでも評判の美容院を見付けた。その美容院の前を通ったことがあり、イイ感じだなと思ったことを思い出した。でも私にはチョット高いかなぁと思って、またチェック。とにかく鎌倉の美容院に行くことは考えたことがなかったので、あまり気に留めていなかったのよ。あれこれ検討した結果、若宮大路のリストランテ ア リッチョーネの2階にあるサロン ド ミューに決めた。八幡様からも近いしね。日曜日の朝、予約の電話を入れて、いざ鎌倉へ!

続きを読む "美容院 Salon de Mieux"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

いざ鎌倉へ!春の流鏑馬

060416yabusamekanban060416yabusame1_2 4月16日(日)は鎌倉まつりのクライマックス・流鏑馬が行われた。私にとっては初めての流鏑馬…時間を調べたところ13~16時と書いてあったので、ずいぶん長々とやるんだなぁと思った。 結局30分位遅刻し、ほとんど人がいない段葛を通り、八幡様に到着すると境内の中央に人がいっぱい!みんなココにいたのね。 人垣で何をしているのか、どこから馬が来るのかも分からなかったが、木々060416yabusame2_1の隙間から馬と人が登場するのが見えた。「今から〇〇を始めます」だか「〇〇が行われています」とか、「流鏑馬は約800年続く神事なので古式ゆかしき儀式にのっとり行なわれます」とかいちいちアナウンスがあったけど、人垣しか見えない。背伸びして、携帯持った手を上げて写真を撮ってみたら、何か写るかと思ってやってみたけど、やっぱりよく分からなかった。

続きを読む "いざ鎌倉へ!春の流鏑馬"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

銭湯 瀧乃湯の廃業

20060415takinoyu 土曜日に御成通りを歩いていると、お風呂屋さん・瀧乃湯の前に籐製の脱衣籠やプラスチックの桶、なぜか傘も並び、改装でもするのかと思ったら、3月末に廃業していて、使っていたものを売っていたの。別にお風呂に入ることはなかっただろうけど、なんだか寂しい。残念だなぁ。廃業の話になる度に署名運動で守られてきたという話を前に雑誌か何かで読んだ覚えがあるのだけど、遂にホントに廃業かぁ。お風呂屋さんもある商店街だったのに…は~。
3年前の私の英語講師(女性)は毎週日曜日に行ってたの。だから近所の人をみんな知ってるって。裸の付き合いってことね。ビックリしたことは、着替えてると番台の人(男性)が話しかけるとか。ゲッ!それでも彼女にとって銭湯はリラックスし、リフレッシュできる場所だったのよ。お風呂から上がると、マッサージチェアに座ってテレビで相撲を見るのが至福のひとときだっと言ってたっけ。

続きを読む "銭湯 瀧乃湯の廃業"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

Truly スクランプシャス!

Scrumpcious20060408_1国内外の古着やヴィンテージアイテムを揃えるスクランプシャスは私にとって隠れ家的存在。普段はネット販売してるけど、特定期間ストックルームと呼ばれるメンバーズ制のショールームで、実際に品物を見て買える期間があるの。ショールームといってもそこは鎌倉の古い家の畳の部屋…。

*ストックルームの期間・情報を知るにはHPからメンバーズ登録をする必要があるので早めに登録しておくと安心!今回のストックルームは終わってしまったけど、不定期で開催されているので、マメにチェックしないとね!
 

続きを読む "Truly スクランプシャス!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

旧川喜多邸 一般公開

Kyukawakitatei1060408Kyukawakitateihei060408_3小町通りを八幡様方面に向かって奥の方まで歩き、左に曲がる。ず~っと続く塀に、スッゴイ家だなぁと思っていたら、塀が終わる所に上品なおじいさんが立っていた。なんだろう?と立ち止まると、彼は「旧川喜多邸一般公開日です。どうぞ見ていって下さい。ヤマザクラがキレイですよ」と言った。よく分からなかったけど、その声に誘われて、中へ入ることに。入口の看板を読むと「東和商事(後の東和映画)の川喜多長政・かしこご夫妻がお住まいでした。昭和初期からヨーロッパ映画の名作を日本に紹介…」。あぁ!週末の4月8・9日が偶然にも一般公開日だった!ラッキー!
広い庭に大きなヤマザクラの木が目を引く。その奥に家が一軒建っているのが見えた。

続きを読む "旧川喜多邸 一般公開"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

フランスvs日本

Sfchronicle20051229 先週、英語のレッスンに使ったチョット古い新聞の記事は、サンフランシスコのホテルが提供した大晦日のプランについてだった。ベイエリアの名ホテルには多くの予約が入っているが、予約なしでもOKなホテルもあるらしい。私の講師は「日本での旅行は、何もかもが予約、何もかもがプラン。旅行や観光に関して世界一といわれている国はフランスだ」と言う。何を隠そう私は大のフランス好き。美術館もグルメも買い物も楽しいし、至る所に絵になる風景がある。リッチな旅をしたことはないけど、安い旅も豪華な旅もでき、選択肢が広いと感じた。でももっと私の心に刻まれていることは他にある。

続きを読む "フランスvs日本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

段葛の桜並木

20060401dankazuraninotorii_4 段葛が1年で1番華やぐ日が遂にやって来たのね!心浮き立つお花見日和の土曜日は多くの人で賑わった。ほんの少しだけ、たまにはらはらと花びらが散っていたけど桜は満開!どこを見ても人・人・人!ぞろぞろ桜並木を歩きながら、時々立ち止まっては写真撮影。誰もがこの日を待っていたのよ!春の喜びに満ちあふれている!!!!!!
こんな日だからこそ段葛の歴史の紐をチョットだけ解いてみようと思ったの。

続きを読む "段葛の桜並木"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »