« 報国寺の竹の庭 | トップページ | フランスvs日本 »

2006年4月 1日 (土)

段葛の桜並木

20060401dankazuraninotorii_4 段葛が1年で1番華やぐ日が遂にやって来たのね!心浮き立つお花見日和の土曜日は多くの人で賑わった。ほんの少しだけ、たまにはらはらと花びらが散っていたけど桜は満開!どこを見ても人・人・人!ぞろぞろ桜並木を歩きながら、時々立ち止まっては写真撮影。誰もがこの日を待っていたのよ!春の喜びに満ちあふれている!!!!!!
こんな日だからこそ段葛の歴史の紐をチョットだけ解いてみようと思ったの。

20060401dankazura 段葛は源頼朝の妻・北条政子の安産を祈願して1182年に築かれた参道。つまり800年以上前にさかのぼる。桜を植えたのが大正7年だから、頼朝も政子もこの桜を見ることはなかったけど、桜を植えたのはいいアイディアだわ。だってみんながこの歴史ある道を通り、受け継いでいくもの。段葛にはもうひとつ花の季節がある。5月にツツジが咲くらしいのだが記憶はない。桜の木の下でほとんど全てのツツジが次の出番を待っている中、季節を間違えたツツジがこっそり咲いているのを発見してしまった。 今、咲いても注目されないのにね。みんな桜においしいところ持っていかれてるよ!
20060401dankazurasakura花が次の花へ季節を引き継ぎ、人が花に引き付けられ、次の世代へ道を引き継ぎ、時代が受け継がれていくのかな。今この桜の季節も顕微鏡で見れば歴史のヒトコマになる。そしてこの瞬間は一生に1度しかない。この桜も新しくつぼみを付け、開いたばかりの花。だからこの日この場所に咲くこの桜を見ることは奇跡的な出会いなのかもしれない。

頼朝さん、あんたが歩いたであろうこの道は桜がキレイです。良かったね!
八幡様の源氏池のほとり、幼稚園の前あたりにはシートを敷いてお弁当食べてる人達がいた。さすが!通な感じよ。それにお花見の基本的スタイルよね。レストランもカフェもトイレも八幡様の屋台も順番待ちで、きっとひもじい人も多かったはず。まぁ桜に免じて許そうじゃないの!誰も来なかったら寂しいもん。お祭りみたいなもんだからね!

|

« 報国寺の竹の庭 | トップページ | フランスvs日本 »

コメント

いやー,今日はいいお天気でしたねー.

わたしも段葛通って,八幡さまいってきました.

もう初詣状態でしたね.

私は欲張りにも,三渓園にもいってきたんですよ.

桜っていいですねー

投稿: ゆるゆる | 2006年4月 1日 (土) 23時37分

ホントにイイ天気でお花見日和でしたね…スッゴイ人でしたけど…!桜の季節は短いからどうしても集中してしまいます。しかも今日は雨だし。三渓園にもお出かけされたんですね!

投稿: emix | 2006年4月 2日 (日) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24508/1243464

この記事へのトラックバック一覧です: 段葛の桜並木:

» 桜・さくら・サクラ [ゆるゆる]
今日は朝からお花見日より. るんるんと,からだをはずませ出かけましたー. <横浜 [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 23時34分

« 報国寺の竹の庭 | トップページ | フランスvs日本 »