« カラフルな幸せ@島森書店 | トップページ | メールノート »

2006年6月 4日 (日)

鎌倉文学館のバラ

060603kbungakukan由比ヶ浜の海を望む高台にある鎌倉文学館は、かつて旧加賀藩主・前田利家の系譜、旧前田侯爵家の別邸であり、佐藤栄作元首相が別荘として使用していたこともあるとか。
緩やかなカーブを描く坂道を上り、門の所で400円払い、トンネルを抜けて少し歩くと洋館が現れた。館内では「与謝野寛・明子展-恋ひ恋ふ君と」を4月28日~7月9日まで開催している。靴を脱いで、カギ付きの下駄箱に靴を入れて、中へ入った。館内は撮影不可。常備展示で鎌倉ゆかりの文学者の多いのに驚き、与謝野夫妻の特別展示を見学した。

060603kbungakukansea_1 外に出て、洋館の前に広がる庭と海を一望!1番高い位置に洋館、傾斜のある芝生の庭、その向こうの庭の端、1番低い位置にバラ園はあった。階段を下り、芝生の庭を下ると、バラ園の前には洋館に向かってスケッチ060603kbungakukanniwaしている人が結構いっぱいいるのね。邪魔をしないように横からバラ園に入った。
色とりどりの多彩なバラにはひとつひとつ名前が書かれた札が土に刺さっている。「鎌倉」という名前のバラがあったけど、もう終わっていて茎の先が切られていた。どんなバラが咲くんだろう。他のバラももう終わりに近付いていて、花びらの縁が枯れ060603kbungakukanbaraengaかけているバラが多い。ひたすら匂いを嗅ぎまくってる人がいて、ヘンなのぉーと思ったけど、どうも気になる…だから私もクンクン嗅いでみたら、それぞれ香が違う!中でもバラらしいバラの香だけど、上品なバラの香りが一番気に入って、何度も嗅いでしまった!う~ん、イイ匂いだ~!
060603kbungakukanbaraen2 バラは6月のイメージだったけど、もっと早いのね。来年はバラがベストな時に来たいなぁと思った。060603kbungakukanbara_2

|

« カラフルな幸せ@島森書店 | トップページ | メールノート »

コメント

こんばんはー.

鎌倉文学館ですかー.わたしまだ行ってないんですよね.
薔薇園があって海も見渡せるのですね.

ところで,紫陽花が咲き始めましたね.

紫陽花寺,それから成就院が楽しみです.

投稿: ゆるゆる | 2006年6月 4日 (日) 22時58分

こんばんは!
先月の中頃に鎌倉文学館のポスターを江ノ電の駅で発見して行きたくなりました。どうやらポスターはもっと前から貼ってあったようです。初めて行ったんですが、ポスターの印象よりずっと小さなバラ園でした。庭の端にこっそりって感じに…でもキレイでしたよ。
ええ!アジサイは咲き始めましたね!スッゴク楽しみ!

投稿: emix | 2006年6月 5日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24508/2059683

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉文学館のバラ:

» 鎌倉文学館 〔神奈川県鎌倉市〕 [ブログで情報収集!Blog-Headline/travel]
「鎌倉文学館 〔神奈川県鎌倉市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年6月8日収集分... [続きを読む]

受信: 2006年6月 9日 (金) 13時38分

« カラフルな幸せ@島森書店 | トップページ | メールノート »