« マルチカラーなMARQUIS | トップページ | 言葉の壁を感じる時 »

2006年11月 6日 (月)

円覚寺宝物風入れと舎利殿 秋の特別公開

061105enkakujisoumonsanmo北鎌倉駅の前にある鎌倉五山第2位の円覚寺は、鎌倉幕府8代執権・北条時宗が1282年に創建した臨済宗円覚寺派の大本山で、開山は宋から招かれて建長寺にいた仏光国師無学祖元と伝わる。週末の連休に「宝物風入れ」と「舎利殿秋の特別公開」があった。「宝物風入れ」というのは円覚寺所有の重要文化財を含む古書画などを虫干し風を通す行事。虫干しを兼ねて普段公開されない寺宝が一般公開される。
円覚寺の階段を上がり総門を抜け、拝観料300円を払って中に入り、また階段を上がると巨大な山門がそびえ建つ。堂々とした渋い門と辺りに立つ空を突き刺すような背の高い真っ直ぐな木々が荘厳かつ圧巻!
門を通り抜け、仏殿にお参りし、ぐるっと回り裏の花を見て、会場の方丈といわれる建物へ向かった。

061105enkakujihojo入口で特別拝観料500円を払い目録を受け取り、門をくぐると市指定天然記念物の木・ビャクシンがタダモノじゃない風格を表していた。靴を脱いで会場へ入ると、同じ建物内で、第一会場の大方丈、第二会場の大書院、第三会場の小書院に別れていて、廊下や部屋でつながっている。畳の部屋にぎっしり掛けられた膨大な数の掛け軸に描かれた仏画は五百羅漢図から始まっていた。菩薩像や16幅の羅漢像の絵、達磨、巨大な書、廊下に置かれた長く鮮やかな絵巻物など、とにかくスゴイ!ほとんどかすれてよく見えないものから、美しい色彩のものまで061105enkakujihojozazenあった。よく見れば僧侶の顔や仕草がなんとも生き生きと描かれていることか! 優しげだったり、睨んでいたり、しかめっつらだったり、眉毛が下がっていたり、豊かな表情に古書画の面白さを発見した気分。会場の廊下の戸が開いている所では僧侶が座禅を組んでいた。外からの光を浴びてシルエットとなり、厳粛な空気が取り巻いていた。
061105enkakujishariden_2会場を出て、裏に回ると、庭に紅葉を見付けた。池の前を通り、階段を上がり、国宝の舎利殿に入った。開山堂と禅堂が静かに時を刻み、豊かな木々に覆われた山肌が目前に迫っていた。
せっかく来たので山の上まで行くことにした。山の中にあるような広大な敷地には様々な建物が点在している。1番上に建つ庭の美しい黄梅院にお参りして、引き返した。
山門に戻ると、巨大な門と背の高い木々にまた圧倒され、気が付けば何度も天を仰いでいた。
膨大な数のお宝に感動し、スゴイ物を見せていただいた充実感と厳粛な建築物の歴史の重み、力強い木々のパワーと山に抱かれた安らぎに満たされ、禅寺の奥深さを垣間見る思いだった。

|

« マルチカラーなMARQUIS | トップページ | 言葉の壁を感じる時 »

コメント

こんばんは
円覚寺で特別公開なんてしてたんですね.
知りませんでした.
北鎌倉は独特の静けさと赴きがあっていいですよね.
鎌倉はこれからが,紅葉の本番ですね.
楽しみです.

投稿: ゆるゆる | 2006年11月14日 (火) 00時24分

こんばんは!

同時期に建長寺でも宝物風入れがあったようですが、円覚寺しか見る時間が無くて…。十分満喫できましたけど…。

ええ、ええ!北鎌倉は独特な雰囲気があって良かったです!山っぽい静けさを感じました。

私は鎌倉でちゃんと紅葉を見たことがないんですよー…今年こそ見なくては!!

投稿: emix | 2006年11月14日 (火) 22時03分

こんばんは.

鎌倉の紅葉は,山々の雄大な紅葉というよりは,どちらかというとこじんまりとした感じでしょうか.

でも,そのこじんまりとしたところがいいのかも.
紅葉のピーク時の週末,長谷寺がライトアップされるんですよ.混んで混んで初詣状態ですが,一見の価値あるかも.
よかったらいってみるのはいかが.(^。^)

投稿: ゆるゆる | 2006年11月15日 (水) 00時41分

へー!長谷寺のライトアップなんて知りませんでした。やっぱり混んでるんですねぇ。ふむふむ。。。

鎌倉の紅葉は何だかいつも、いつの間にか終わってるような感じだったんですよー。気が付かなかったのかもしれません。

投稿: emix | 2006年11月16日 (木) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24508/4088165

この記事へのトラックバック一覧です: 円覚寺宝物風入れと舎利殿 秋の特別公開:

« マルチカラーなMARQUIS | トップページ | 言葉の壁を感じる時 »