« 大銀杏@鎌倉八幡宮 | トップページ | Merry Christmas »

2006年12月21日 (木)

毎日がクリスマス@PrinzchenGarten

061217prinzchengarten小町通りに入ってすぐ、お花屋さんの後ろの建物2階にあるプリンツヒェンガルテンはクリスマス雑貨の店で、高輪に本店を構える。1年中クリスマス気分を味わえる店だけど、1年で1番注目を浴びるシーズンを迎えた!店には入口と出口があり、一方通行に061217prinzchenkanbanなっている。
毎年少しずつクリスマスのオーナメントを集めるのも楽しい!と思ったら、2007年2月13日に閉店することになり、1月4日~2月12日は閉店セールをすると貼り紙があった。またひとつ鎌倉のショップが無くなってしまう!

061217prinzcheniriguchi中に入ると、最初の部屋にはキャンドルやキャンドルホルダー、陶器の人形、ナプキンなどステキなモノがいっぱい。
クロワスキーのアクセサリーのケースの脇を通り、壁に掛かるカッコウ時計を横目に、中央の大きなクリスマスツリーが目を引く薄暗い隣の部屋に入る。多彩なオーナメントを中心に、人形、カードなどが陳列してある。通路沿いには木製のオーナメントが並び、通りかかるお客さんのカワイイ!と言っている声が聞こえていた。
061217prinzchenginger私が買ったのはジンジャーブレッドマンの木製オーナメント。可愛くておいしそう!
壁側はアイテムごとに仕切られ、天井の暗さとは対象的に間接照明さながらライトが煌々と点っている。中でも薄いガラスでできたガラスボールはデリケートで大人っぽい。飾っておくと邪眼を持つ者は入れないと伝えられている。
スモーカーは木製の香炉人形で、体の中でお香をたくと口から煙が出てくるのだそう。
061217prinzchendeguchiピラミッドは丸いケーキのような台座に、生活の一場面を切り取ったような木製の小さな人形達が並び、台座の中心からパラソルの ようにプロペラが立っている。台座に設えたキャンドルに火をともすと、それによって起こる上昇気流によりプロペラが回転し、台座や人形が動く仕組みだ。
他にも樅の木や雪の結晶型などのプラスチックのオーナメントや、くるみの割れないくるみわり人形などもある。どうやらほ061217prinzchenkurumiwari とんどが名前の通りドイツ製のようだ。
出口を抜け、入口のあるガラスの壁づたいに通路を歩くと、角には大きなくるみ割り人形が立っていた。これももうすぐ無くなっちゃうのかなぁ。何だか寂しい。
プリンツヒェンガルテン●住所●小町1-6-15 SCENE鎌倉小町ビル2F

|

« 大銀杏@鎌倉八幡宮 | トップページ | Merry Christmas »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24508/4624323

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日がクリスマス@PrinzchenGarten:

« 大銀杏@鎌倉八幡宮 | トップページ | Merry Christmas »