« 1月の海@由比ガ浜ビーチ | トップページ | 冬もカゴ@4cups+desserts »

2007年1月14日 (日)

銭洗弁天

070113zeniarai何年も前のお正月にポンパドゥールでパンを買ったら、銭洗弁天で洗ったという紙に包まれた5円玉をもらった。それをお財布に入れて、金持ちになる日を待ち続けたけど、一向にその気配すらない。やっぱり自分で行かなきゃいけないに違いない!
正式名は銭洗弁財天宇賀福神社。巳の年(1185年)、巳の月、巳070113zeniaraitunnelの日の夜、源頼朝に夢のお告げがあった…「この地に湧く水で神仏を供養すれば天下泰平の世が訪れる」。そこで源頼朝は社を建てて宇賀福神を祀ったと伝えられる。お金とどう関係があるのかがイマイチ分からないが、この話が発展してその霊水でお金を洗うと倍になるという信仰が生まれた説や、北条時頼が霊水で金銭を洗い一家繁栄を祈ったのが銭洗信仰の始まり説もあるようだ。ん?待てよ…お金を洗うと倍?…って事は5円の倍は10円!

070113zeniaraikagoJR鎌倉駅から徒歩約20分…かなりのどかな環境にある銭洗弁天は急な坂道の途中にあった。トンネルを抜けると古ぼけた鳥居が幾重にも並び、鎌倉らしい小山に囲まれた静かな空間が広がっていた。そー言えば小学生の時に遠足で来たような気がするがあまり覚えていない。ボトボト流れる水音が響いている。お金を洗うのに使うザルを借りるにはロウソクと線香セット(100円)を買わなくてはいけないようだ。ロウソクを灯し線香を立てて、まずはお参り。洞窟の手前には宇賀福神の社があった。洞窟の中には千羽鶴がぶら下がり、右に銭洗弁財天の社があり、正面奥は上に穴が開いていて外が見えた。欲張りな私は10005円を洗う事に…テレビでお札を洗ってる人を見たので、いつかやってみたかった!この霊水が鎌倉五名水のひとつ・銭洗水だ。ザルに入れたお金に杓で霊水をかけてハンカチに包んだ。使用済みのザル置き場の壁に「清められたお金は有意義にお使い下さい」とある。はて、何に使おう?外に出て、同じ敷地内にある上之水神宮、下之水神宮、七福神社にお参りした。山肌からはボトボト水が流れ落ちていた。
070113zeniaraidoukutsu由緒の書かれた看板を見付けて読んでみると、最後にこう記されていた…「銭洗水で金円を洗うことは心を清め不浄の金を洗うことにより寿福幸運が授けられる尊い信仰である」。ははーっ!不浄な心を清めよ!金が欲しいなら地道に働き無駄遣いしない事だねっ!とお告げが聞こえてきそうだった。
銭洗弁天●住所●佐助2-25-16070113zeniaraibenten

|

« 1月の海@由比ガ浜ビーチ | トップページ | 冬もカゴ@4cups+desserts »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24508/4916053

この記事へのトラックバック一覧です: 銭洗弁天:

« 1月の海@由比ガ浜ビーチ | トップページ | 冬もカゴ@4cups+desserts »