« タイルとダワーとタッチ&ゴー | トップページ | ツツジ咲く安養院 »

2007年4月21日 (土)

手拭いのお土産@nugoo

070414nugoo若宮大路にある拭うは手拭いの店。マーキスのある建物の1階の入口に白いのれんが風に揺れる。ひとつひとつに名前が付いている多彩な柄の手拭いは見ているだけでも楽しい!
また鎌倉在住のバッグデザイナー・takanecoさんのバッグや大判ハンカチなども置いてある。
拭うの手拭いは、注ぎ染めという古くからの型染めの技法を用い、職人が手作業で一枚一枚作った本染手拭いだ。幅一尺強(約33cm)×長さ三尺強(約95cm)の綿のさらしで、端は切りっぱなし。縫い目がないと乾きが早いのだそう。江戸時代には手拭いを切り売りしていたようなので、切りっぱなしは伝統に則っているのかも。
店に入ってすぐ左に季節の柄の手拭いがディスプレーしてあり、壁と窓際の棚にはきれいに手拭いが並ぶ。
070414nugoowin豆絞り」「市松」「麻の葉」などの伝統的な柄はもちろん、モダンな柄の手拭いもお洒落だ。笑ったのが「おじぎ部長」。いかにも日本人のおじさんが握手するように片手を前に出してお辞儀をしている柄がおかしい。
外国人を意識したのか日本土産に良さそうな物もある。「FUJIYAMA」は白地に丸く赤い太陽と縦長に伸びる青い富士山の柄にはNIPPONの文字も。「NIPPON」は箸や扇子、花火など日本らしいの絵の下にローマ字でHASHI、SENSU、HANABIなどその名前が書かれている。

鎌倉土産に良さそうな「若宮大路 桜」は桜と簡素にデフォルメされた鎌倉の地図の柄、「狛犬小紋」は八幡様の二の鳥居の狛犬を描いた柄だ。
070414nugoodaibutu070414nugoodaibutuyoko私が買った「大仏 黒地」も鎌倉土産にピッタリ。大仏のシルエットがシンプルかつ大胆!  白地に黒の大仏の「大仏 白地」もある。長手拭いという通常より長いサイズもありチョット高価。これは両端に大仏を配置している。

070414nugoocoffee070414nugoocoffeeyokoぐるぐる珈琲」はコーヒーカップがぎっちり並び、カップにクリームを入れてぐるぐる掻き交ぜたような柄がレトロモダンでカワイイ。
しかし、手拭いって何に使うんだろう?店に置いてある手拭いの本を見たら、バンダナにしたりお弁当などを包んだり、様々な用途があるようだ。使った事がないので考えてしまったけど、拭う物だからタオルとして顔や手を洗った時に使う事にしようと思う。タオルより吸収が良く乾きが早いという。台拭きや食器を拭くフキンにも良さそう。手拭いは色落ちするので使った後、手洗いして干しておかねば。使うほどに風合いが出て、柔らかくなるらしいので、どんな風になるか楽しみ。何だかジーンズみたいね。
nugoo●住所●小町2-12-32

070421dankazura 段葛の提灯は無くなってしまった。。。お祭りはおしまいか。。。寂しいなぁ。色とりどりのツツジが先週よりもたくさん咲いている気がするが…ここを歩く人も少なくなってしまった。。。ホントに寂しいなぁ。

ビーチに行くと、いつもよりずっと多くのウィンドウサーフィンのカラフルな帆が海を滑っていてビックリ。強風の日はウィンドウサーファーの出番なのね!070421yuigahama

|

« タイルとダワーとタッチ&ゴー | トップページ | ツツジ咲く安養院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24508/5825072

この記事へのトラックバック一覧です: 手拭いのお土産@nugoo:

« タイルとダワーとタッチ&ゴー | トップページ | ツツジ咲く安養院 »