« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月28日 (月)

バラ咲く鎌倉文学館

070527bungakukangreen鎌倉文学館で5月12日(土)~6月3日(日)に「バラまつり2007」が開催されている。鎌倉文学館は江ノ電の由比が浜駅からテクテク歩いて小山の上にある。長谷駅からも行けるね。住宅地を抜け、新緑に包まれた坂を上ると門があり、そこで入場料400円を払う。門を抜けトンネルを抜けて道なりに歩けばお洒落な洋館が建っている。ここは1936年、旧加賀藩主前田家16代当主前田利為が建築した旧前田家別邸。佐藤栄作元首相が別荘として利用したこともあるとか。
まずは洋館の前から遠く海を眺め、斜面の芝生の庭を下りてバラ園に向かった。
去年は見頃を過ぎていたけど、今年も見頃を過ぎていたみたい。なんだかバラが暑さでやられちゃってるかも?それでもバラ越しに見る洋館はベタだけど絵になる風景だ。070527bungakukanyokanbara

続きを読む "バラ咲く鎌倉文学館"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月21日 (月)

北大路魯山人展@吉兆庵美術館

070518kichoan小町通りを入ってチョット歩くと右に和菓子屋・源 吉兆庵がある。上品な和菓子はウマイらしい。友人がお土産を買うと、店の裏にある吉兆庵美術館の招待券をもらった。通常入館料が大人600円するがラッキーな事にタダで入れる!
源 吉兆庵の横の小道に入り店の裏手に回ると、料亭みたいな(おおげさかな?)こじんまりした和の風情 漂う入口がある。門をくぐるれば左は店の裏の扉、右が美術館の入口だ。美術館に入ると誰もいなかっ070518kichoanchirashiた。売店のショーケース、テーブルとイスがあり、紙コップで水が飲めるようだ。店に行って忙しそうな店員を取っ捕まえて、美術館に入りたいと主張したら、案内してくれた。
「北大路魯山人展」は2007年4月13日~7月10日まで開催されている。1階は通路のような細く小さいスペースで、評価の高い独創性あふれる織部焼きの展示だそう。ガラスケースの中にツヤツヤした深緑色の扇形や四角い陶器など、少ししか置いていなかったが、あいさつや年表などのパネルで魯山人と美術館を紹介している。

続きを読む "北大路魯山人展@吉兆庵美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月14日 (月)

鎌倉彫の箸@箸専門店 和らく

070512warakuroji先日、家で食事をしていると、私の箸が先から1センチ位の所でL字型に折れ曲がってしまった。せっかくだから鎌倉で箸を買おうと思って、どこかいい店はないかと捜すと、あった!しかも箸専門店!
JR側から小町通りに入り、しばらく歩き、ツタが絡まるフレンチレストラン・コアンドルの角を右に曲がると、帽子屋さんの隣に箸専門店 和らくの看板があった。看板の前に立つと細い路地の突き当たりに店が見えた。小さな店の前には鉢植えの花が飾られている。中に入れば、さすが箸専門店だけに箸だらけ!
津軽塗、川連塗など美しい塗りの伝統工芸070512waraku箸から、干支や月別の花が描かれた箸、持ちやすいという六角形の箸、箸を持つ時の指や指の関節の位置を箸に線や点で示した「はし上手」、携帯用箸、用途別箸、様々な種類の木、様々な長さの箸まで、豊富な品揃えが魅力だ。椀や箸置きも少し置いてある。ふと見れば鎌倉彫の箸もある!

続きを読む "鎌倉彫の箸@箸専門店 和らく"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

ツツジ咲く安養院

070503anyouinmon070503anyouinikegakiゴールデンウイークの鎌倉は当然、混み混み!駅前の人込みを見ただけでもグッタリしそうだったけど、こんなに天気のイイ日は元気に太陽の下で過ごしたい!
大町の道路沿いをしばらく歩くと、左側に少し紫かがった濃いピンク色のツツジの生け垣が現れ、生け垣の終わりに安養院(あんよういん)の入口がある。
ツツジの名所だけに、身長よりもずっと背の高い大きなツツジの木が導く門の前は撮影スポットになっているみたい。みんな立ち止まっては鮮やかなツツジの前でシャッターを押していた。100円を賽銭箱のような木箱に入れて中へ入ると、思ったより小さなお寺だった。
070503anyouintutuji1225年、北条政子が夫・源頼朝を弔うために長谷の笹目ガ谷に建立した長楽寺が前身と伝わる。1308年に兵火で焼失したため、現在の場所に移り、政子の法名をとって安養院となった。
しかし、1680年にまた全焼。源頼朝に仕えた田代信綱が建立した坂東三十三観音霊場の札所田代観音堂が移築され再建された。

続きを読む "ツツジ咲く安養院"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »