« atelierVANILLEのロールケーキetc.. | トップページ | 明月院の秘密の花園@北鎌倉② »

2007年6月11日 (月)

アジサイ咲く明月院@北鎌倉①

070610meigetuinhashi日曜日、起床すると雨が降り、雷がゴロゴロ。ヤッター!もしかしたら空いてるかもしれない!?とひそかに期待して北鎌倉へ出発だ!
アジサイで知られる明月院は北鎌倉にある。駅に降りると、あぁぁ…人が多い…やっぱり甘かったわ(-o-;)。
明月院は、開基を上杉憲方、開山を密堂守厳とし、北条時頼が建立した最明寺を、子の北条時宗が再興した禅興寺の塔頭だったが、明治に禅興寺は廃絶され、現在は明月院だけが残っている。
300円払って中に入ると、趣きある木の橋が現れ、橋に誘われるように上がれば、眼下には茶屋、眼前にはアジサイの風景が広がる。ステキだぁ!ここのアジサイの8~9割が日本古来からの品種「姫あじさい」。空や海のように淡い青から深い青に日ごと濃くなる。意図的に青色を中心に育てているんだそう。初夏を彩る緑の木々や葉と青いアジサイの風景は、色味を限定してこそ、爽やかで上品な風情にあふれている!

070610meigetuinajisai緩やかな山の斜面を上るアジサイに包まれた階段は、撮影に夢中の観光客で渋滞。あちらこちらに小道があり、アジサイの迷路みたいで楽しい。雨は止み、徐々に観光客は増えても、ぐんぐんテンション上がるぅ~!ホントにステキだぁ!
070610meigetuinkaizanyagu鎌倉らしい断崖絶壁を仰ぐ敷地に、密室守厳の木像を安置した開山堂、鎌倉十井のひとつ・瓶ノ井がある。山壁には洞窟みたいな明月院やぐらが口を開け、中には上杉憲方の墓とされる宝筺印塔が建っている。なかなか見所の多い寺だ。
070610meigetuienhondokare 070610meigetuinmarumdowas 本堂に向かい、有名な丸窓を見なくては!本堂前の小さなツツジと岩枯を配置した枯山水庭園に気を取られつつも、お目当ての丸窓を捜すと、本堂の中の和室にあった。入場禁止なので外から和室を覗くと、正面突き当たりの壁に丸くぽっかり開いた窓が明るく光を放ち、窓越しに庭園が見える。時が止まった部屋から覗く丸窓の向こう側の世界は時を刻んでいる。静と動、暗と陽、両極が織り成す空間はスピリッチュアルな感覚にさえ及んでしまった。
丸窓の向こう側で、人が歩いているのが見えた。もしかして、庭園に入れるの?丸く切り取られた世界には何があるんだろう?はやる心を抑えて、本堂の裏に回った。 つ・づ・く

|

« atelierVANILLEのロールケーキetc.. | トップページ | 明月院の秘密の花園@北鎌倉② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24508/6752209

この記事へのトラックバック一覧です: アジサイ咲く明月院@北鎌倉①:

« atelierVANILLEのロールケーキetc.. | トップページ | 明月院の秘密の花園@北鎌倉② »