« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

光明寺の庭

光明寺(こうみょうじ)は材木座ビーチに近い住宅地にある。1243年(寛元元年)、第四代執権北条経時が然阿良忠の開山で創建されたと伝わる浄土宗関東総本山。また、かつてはたくさんの学僧が集まる学問の寺でもあった。1946年(昭和21年)には哲学者の三枝博音を学長とし、自主大学「鎌倉アカデミア(鎌倉大学校)」を開校したが、4年後に廃校。映画監督の鈴木清順、作曲家のいずみたくなどを排出したって。へー!

070728komyoji_1

平らに開けた地に総門が構え、総門をくぐると三門(山門)が堂々と立ちはだかる。総門は1495年(明応4年)建立、1624

~28年(寛永年間)再興で、鎌倉市指定文化財。三門に近付くと、2階に人がいるのが見えた。1847年(弘化4年)建立。見上げれば、細かい装飾が施されている。2階の中央に掲げてある「天照山」の額は1436年(永享8年)、後花園天皇より賜った額だそう。2階に上がるには事前に申し込みが必要だ(有料)。
三門をくぐると、正面に大殿(本堂)が貫禄を見せる。ちょうど献灯会の準備がほぼ整えられていた。参道の右側に総ケヤキ瓦葺きの鐘楼堂と繁栄稲荷神社が建ち、左側には開山堂が建つ。
大殿は1698年(元禄11年)建立。本尊阿弥陀三尊などの諸仏を祭る国指定重要文化財。070728komyoji_2

続きを読む "光明寺の庭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

AXE BeachHouse with MTV(QuickSilver)@由比ヶ浜ビーチ

070721yuigahama海の近くに着くと、ビーチに建物のシルエットが見えてきて、小さくガッツポーズ!横断歩道の信号が変わったのを合図に、私のスイッチが入った。
夏だー!サイコー!(^O^)/
由比ヶ浜ビーチはすっかり夏の装い。海の家やカフェ/バーが建っている。ジーンズの裾をロールアップして、砂に足を取られながら、海に駆け込んだ。海水に足を浸してみる。ビーサンなんて履いていられない!素足になって、濡れた砂のギシッとした感触を確かめた。サイコー!(^O^)/
寄せては返す波のリズムとざわめきは、心も体も解きほぐす魔法の呪文。グラデーションの曇り空と空の色を映すグレーの海が遥か彼方で交わり、視線と一緒に私の心は溶けていった。
緩やかなカーブを描くビーチを見渡し、ビーチに建つ建物を見渡し、去年と比べて、昔ながらの海の家が少なくなって、小洒落なカフェ/バーが増えた気がした。070721umi

続きを読む "AXE BeachHouse with MTV(QuickSilver)@由比ヶ浜ビーチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

かまくらカスター@鎌倉ニュージャーマン「かの鎌倉」

070714kamakuranewgermanJR鎌倉駅東口の正面、バスターミナルの向こう側に建つ赤いレンガのビルが鎌倉ニュージャーマン「かの鎌倉」だ。1階が洋菓子・ケーキ店で、2階が西洋茶房(喫茶&食事)。人気のロングセラー商品のかまくらカスターは1階に売っている。
土曜日は台風の影響で天気が悪かったので、お菓子でも買って帰ろうと寄ったら、お客さんがいっぱいいた。
お客さんが溜まっている入口そばのガラスケースの中にかまくらカスターが並んび、手前のラックにはパンが少し、奥のガラスケースにはタルトなどのケーキが並ぶ。お客さんの後には、夏季限定の自家製アイスキャンディ-・鎌倉氷点菓の冷凍ボックスがある。
ニュージャーマンというからにはドイツ菓子かと思えば、そーゆーわけじゃないみたい。あえて言えば(名前的には)ジャーマンクッキーくらいかな?フランスの伝統的焼き菓子・フィナンシェ、貝形のマドレーヌ、イタリアを起源とするヨーロッパの伝統的焼き菓子・フロランタン、カップケーキ形のスイートポテト・おさつのなる木やチョコレートケーキ・まつぼっくりなどが揃う。想像以上に種類が豊富で、色々食べてみたくなったが、まずは人気のかまくらカスタ-を買おうっと。070714kamakurakasutapack

続きを読む "かまくらカスター@鎌倉ニュージャーマン「かの鎌倉」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 8日 (日)

七夕祭@鶴岡八幡宮

070707hachimantorii7月7日の七夕の夜、織女と彦星が天の川を渡り、会う…年に一度のデートの日!一年に一度しか会えないなんて寂しいけど、ロマンチックな時間が過ごせたかな?
7月7日が土曜日になったのはステキな星の巡り会わせかもね。八幡様の七夕祭に行けるじゃない!
七夕は、中国から伝わる乞巧奠(きこうでん)の風習(織女星にあやかり、機織りや裁縫が上達するよう祈る風習。やがて芸事や書道などの上達も願うようになった)と日本の「棚機女(たなばたつめ)」の信仰(棚機女と呼ばれる選ばれた乙女が織った着物を神に供え豊作などを祈った)が合070707hachimankanban わさったものだといわれている。
七夕の飾りが風にたなびく鳥居をくぐり、舞殿に向かった。
舞殿にも七夕の飾りが付けられ、周囲には多くの参拝客が午後5時から始まる「七夕祭」を待っていた。八幡様の江戸初期の所見に七夕行事を行っていたという記述があるのだそう。

続きを読む "七夕祭@鶴岡八幡宮"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »