« 光明寺の庭 | トップページ | ぼんぼり祭り@鶴岡八幡宮 »

2007年8月 2日 (木)

材木座~由比ガ浜ビーチ

070728zaimokuzatunnelこの間の土曜日、光明寺を後にし、寺の前の小道を進んだ。小道はすぐ道路下の低いトンネルへと続き、暗いトンネルの向こうに眩しい夏の光が見える!足取り軽やかにトンネルを抜ければ、そこはビーチ!歩きにくいこんもりした砂浜を越えて、ビーチを見渡すと、海水浴客でごった返していた。
いつもは由比ガ浜ビーチから材木座ビーチを眺めているので、ここにいるのが不思議な感じ。材木座ビーチは思ったより狭い?由比ガ浜ビーチより奥行きがないみたい。通例のごとく、ほとんど儀式のようにまずはビーサンを脱ぎ捨てた。
砂は太陽の光をたっぷり吸収して熱く、じっとしていられない。ソッコー海水に足を浸けると海も太陽の光を吸収して生温い。遠く由比ガ浜ビーチを眺めれば、やけに赤いビーチパラソルがいっぱい見える。蜃気楼に違いないと自分に言い聞かせ、そのまま裸足で波打ち際を歩いて由比ガ浜ビーチに向かう事にした。

070728zaimokuzabeach070728zaimokuzayuigahama070728zaimokuzagomi 材木座ビーチには海の家が並んいる。小洒落たカフェ/バーはほとんどなく、由比ガ浜ビーチより庶民的?な趣。でも砂浜に落ちている貝は由比ガ浜ビーチよりデカくて興奮する!夢中で貝を探しながら歩いていたら、ゴミが落ちていて気になってきた。ペットボトル、プラスチックトレイ、缶、ロープ…色々あるのね。
歩くにつれ材木座ビーチには人が少なくなったものの、前方の由比ガ浜ビーチの蜃気楼は消えない。途中、漁師のボートが並ぶ所で、海の家がなくなり、ビーチは閑散とし、なぜか海水の温度がさっきより低くなって気持ちイイのに、ゴミは落ちている。拾うべきか悩んだが、ゴミ箱がない。カリフォルニアのビーチにはたくさんゴミ箱があると私の英語講師は言ってたっけ…。よく由比ガ浜ビーチでは(たぶん材木座ビーチも?)ビーチのゴミ拾いをする日があるようだ。講師もよくゴミ拾いに参加していたが、いつもゴミの量に驚くらしい。確かにいっぱいゴミ箱があれば、少しはマシになるかもな。でもゴミ箱がないから拾わないのもどーよと思いつつも拾えない…拾ってもどこに持っていけばいいのか分からないから拾えない…ん~…そんな事を考えながら歩いていた。
由比ガ浜ビーチに近付くと、大量の赤いパラソルと大量の海水浴客を確認…やっぱり蜃気楼じゃない…現実を受け入れよう。
橋を渡り、恐る恐る由比ガ浜ビーチに入れば、モノスゴイ人・人・ 人!ビーチパラソルの下でビーチマットを敷いて寝転ぶ人と人との間を通らなきゃいけない!コソコソ通り抜けて海水に足を浸けた。すでに去年のお盆の時くらい多くの海水浴客がいて、真夏そのものの風景!くれぐれもゴミをビーチに捨てないでね!

|

« 光明寺の庭 | トップページ | ぼんぼり祭り@鶴岡八幡宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24508/7390405

この記事へのトラックバック一覧です: 材木座~由比ガ浜ビーチ:

« 光明寺の庭 | トップページ | ぼんぼり祭り@鶴岡八幡宮 »