« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月28日 (月)

七福神めぐり④御霊神社

080126goryojinjaenoden080126goryojinjahumikiri今週の鎌倉・江ノ島 七福神めぐりは、再び江ノ電に乗って長谷に向かう。
御霊神社福禄寿(長寿・家禄永遠を司る神様)
江ノ電・長谷駅から徒歩約5分、江ノ電の線路沿いを歩き、住宅地を抜けて、江ノ電の線路を渡った所に御霊神社(ごりょうじんじゃ)ある。神社の目の前に踏み切りがあるのが面白い。時折、踏み切りがカンカン音を立てて遮断機が下りると、参拝客はカメラを向けて準備。鉄道ファンじゃなくても江ノ電が通る瞬間を激写するのだ。
御霊神社は権五郎(ごんごろう)神社といわれ、また、通称「権五郎さん」とも呼ばれているようだが、実際に呼んでいるのをまだ聞いた事はないのよね。創立は平安時代後期と推定される。鎌倉・湘南地帯を開拓した領主・鎌倉権五郎景政を祭った神社だ。景政は五十代桓武天皇の末裔、平氏の一門で、鎌倉党という武士団の頭領だった。

続きを読む "七福神めぐり④御霊神社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

七福神めぐり③長谷寺

080119hasederamon 先週に引き続き、鎌倉・江ノ島 七福神めぐりに出発。今回は江ノ電に乗って長谷を目指す!
長谷寺大黒天(出世開運、財富招来の神様)
長谷寺は花と眺望の寺で知られる。提灯が下がる山門の下には、すでに2月3日に行われる節分祭の看板が立っている!早いなぁ。
736年(天平8)、徳道上人を開山とし、藤原房前を開基として建立。観音山の裾野に広がる下境内と、山の中腹に切り開かれた上境内の2段に分かれていて、四季折々の花木が彩る。上境内には観音堂や大黒堂などが建ち並ふ。まずは観音堂で金ピカの本尊・十一面観音菩薩像(長谷観音)をお参り。お目当ての大黒様は大黒堂と宝物館の中にいらっしゃる。宝物館の大黒様が弘法大師の作と伝えられる尊像。応永19年(1412)の作とされ、神奈川県内でも最古の大黒天像だ。080119hasederaniwakannond

続きを読む "七福神めぐり③長谷寺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

七福神めぐり①浄智寺②旗上弁財天社

080113jochijimonden「鎌倉 江ノ島 七福神」の旗を見る度に、いつか七福神めぐりをしようと思っていた。今年こそはと調べてみると、鎌倉・江ノ島の七福神は、あらら?八福神?いらっしゃる。福の神が多いなんてイイ事ね。しばらくは何回かに分けて七福神をめぐろう!
浄智寺布袋尊(家庭円満の神様)
JR北鎌倉駅の円覚寺とは逆側から徒歩約5分、浄智寺には初めて来た。
1281年(弘安4)、北条時頼の三男・宗政が没し、宗政の妻と子・師時を開基として建立。臨済宗円覚寺派。鎌倉五山の第四位。
木々に囲まれた石段の上には、2階部分に鐘が吊り下げたられた楼門が建つ。その手前で200円払って楼門をくぐると、右に曇華殿と呼ばれる渋い仏殿が建ち、本尊の三世仏坐像を祭る。阿弥陀、釈迦、弥勒の三体からなるこれらの仏像は15世紀の作で、それぞれ過去、現在、未来を表す。自然林に囲まれた境内は国の史跡に指定されているのだそう。
布袋様はどちらかとキョロキョロすると看板が出ていたので、それに従って右の小道を進む。墓地の手前でまた右に曲がり、突き当たりの断崖に開いたやぐらをチラッと見て、また右に曲がると、例の旗が見える!旗の前まで来ると、断崖にトンネルがある…どこまで進むのかな。080113jochijiyagura

続きを読む "七福神めぐり①浄智寺②旗上弁財天社"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月 8日 (火)

鶴岡八幡宮で初詣

080104hachimantorii080104dankazuraあけましておめでとう!
今年も八幡様で初詣と、1月4日に鎌倉へ出発!4日から仕事始めの人も多いだろうし、毎年4日に八幡様へ初詣に行っている。提灯が飾られた段葛を歩きながら、花はなくても澄み渡る青空と提灯にお花見を思い出し、心浮き立つ。駅も段葛もお花見の時と同じ位の人出かなぁ。八幡様に到着し、本殿に向かえば、ものすごい人・人・人!舞殿の手前にしつらえた巨大なモニターより手前まで参拝客で埋め尽くされ、それ以上進めない!去年も一昨年も10分待てば参拝できたのに…。さっさと諦めて、再度初詣に来ることにした。

続きを読む "鶴岡八幡宮で初詣"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »