« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

アジサイ咲く長谷寺

080627hasederaajisai1江ノ電・長谷駅から徒歩約7分、長谷寺は観音山に位置する。736年(天平8)、藤原房前が徳道上人を鎌倉に招いて創建した。浄土宗、坂東33ヵ所観音霊場の四番札所。四季折々に花木が彩るとはいえ、アジサイの季節はいっそう華やぎ、多くの観光客で混雑する。
山の裾野の下境内の入り口で300円払って中に入り、妙智池と放生池の2つの池の間を通って階段を上がると、上境内にたどり着く。そこには本尊の十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置されている観音堂などが建ち並ぶのだが、今回はさっさと通り過ぎて、大黒堂の横から「眺望散策路」に進んだ。山肌を縫うように階段が続く散策路はアジサイで彩られ、あっちもこっちもアジサイ!アジサイ!アジサイ!テンション上がるぅ~up080627hasederaajisai2_2

続きを読む "アジサイ咲く長谷寺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

アジサイのお菓子

080622ajisaigashiアジサイの季節は、アジサイをモチーフにしたお菓子をお土産に買って、家でアジサイを思い出しながら食べるのが好き。今年は4種類買ってみたlovely

080622beniyaajisai1080622beniyaajisai2あじさい…2枚入り1箱315円。紅谷のあじさいは神奈川県指定鎌倉銘菓。一年中売っていても、この季節になると買いたくなる。紅谷は八幡様にほど近い若宮大路にあるのだが、行くのが面倒だったので、JR鎌倉駅から小町通りを入ってすぐ右にある長嶋家で買った。実はJR鎌倉駅のキオスクにもある。
あじさいはフランス菓子のクッキーからヒントを得たそうだ。直径10センチはある大きなクッキーにスライスアーモンドでアジサイの花をデザインしている。甘くて練乳のようなコクがあり、食べ応え満点bleah
080622ajisainoshioriあじさいの栞(しおり)…1個390円(税込み)。こちらも紅谷の製品で、アジサイのようなパッケージが可愛いこんぺいとうだ。やはりこちらも小町通りの長嶋家で買ったのだが、ピンク系のこんぺいとうしか残っていなかった。JR鎌倉駅のキオスクではなぜか400円で売っている(同じ紅谷のあじさいはキオスクでいくらだったか、チェックし忘れたcoldsweats01)。他にも紫系や青系などもある。もったいなくて、まだ包みを開けられないconfident

続きを読む "アジサイのお菓子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

ハナショウブ咲く本堂後庭園@明月院

080615meigetuinmarumadour明月院・本堂の丸窓から見える本堂後庭園はハナショウブと紅葉の見頃の時季のみ特別公開される。本堂の左に回ると、すでに後庭園に入るために並ぶ人の列が続いていた。しょうがないから並ぶか。やっと私の番が来て、入り口で500円払って中に入った。本堂の後ろにある池の前に立ち、まずは丸窓を確認したeye
拝観券を見ると、南北朝時代に描かれた「明月院絵図」(重要文化財)を基本に庭園の整備が進行中…とあるが、去年も確か同じ拝観券で、同じ事が書いてあったような…catface後庭園を見回してみても、どこが去年より進行したのか分からないなぁgawkまっいいかbleah
森に囲まれた後庭園は広々していて、開放感がある。音は森に吸い込まれてしまうのか、やけに静かだ。一番奥にハナショウブが咲き、多くの観光客が写真撮影に余念がないcamera080615meigetuinurahanash1

続きを読む "ハナショウブ咲く本堂後庭園@明月院"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

青いアジサイ咲く明月院@北鎌倉

080615meigetuinhashi_2080615meigetuinkomichi日曜日に早起きしたくない人は多いだろうと、単なるイメージで決め付ける。だから日曜日に早起きして朝から明月院のアジサイを見に行くぞsign03と鼻息荒く、アジサイ早起き大作戦を企てた。が、朝は眠いしsleepyお腹ペコペコ。予定よりもチョット遅くなったけれど、私的にはかなり頑張ったscissors 午前10時にJR北鎌倉駅に降り立つと、すでに人が多い。マジかよhappy02 ゾロゾロ行列を成して寺に向かうのだが、もっとビックリなのはすでにアジサイ見物を終えて、ゾロゾロ行列を成して駅に向かう人達がいっぱいいるsign01早起き人口はこんなにも多かったのかwobbly
明月院の入り口で300円払って中に入る。やっぱりまずは橋を渡らなきゃね。
明月院は臨済宗建長寺派に属する寺。1160年(永暦元)、首藤刑部太夫・山ノ内経俊が平治の乱で戦死した父の菩提供養として明月庵を創建。1256年(康元元)、鎌倉幕府五代執権・北条時頼が、この地に最明寺を建立。時頼の子・八代執権・北条時宗が最明寺を前身に禅興寺を再興。明月院はこの塔頭であり、開基を関東管領・上杉憲方、開山を密室守厳として建立。1380年(康暦二年)、関東公方・足利氏満は上杉憲方に禅興寺の中興を命じ、釈迦を完備、寺域を拡大、支院を配置し、関東十刹の一位にup明月庵は明月院に改められ支院の首位に置かれた。明治初年に禅興寺は廃寺となり、明月院だけが残った。ふーdashなかなか波乱万丈なのねcatface

続きを読む "青いアジサイ咲く明月院@北鎌倉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

アジサイ咲く成就院

080607jojujiumi080606jojujisando江ノ電・極楽寺駅から徒歩約5分、道がよく分からなくても観光客が向かう方向に行けば成就院にたどり着く。右の塀を上る階段の脇でアジサイが出迎えてくれた。この階段が入り口だ。
成就院は真言宗・京都大覚寺派の寺院で、本尊は縁結びの不動明王として信仰されている。
弘法大師がこの地で護摩行・虚空蔵求聞持法等を修められたと伝わる。1219年(承久元)、鎌倉幕府三代執権・北条泰時が京都より高僧を招き、普明山法立寺成就院と称して建立。1331年(元弘3)、新田義貞の鎌倉攻めの際に堂宇を焼失し、近くの西ガ谷に移っていたが、江戸時代の元禄年中、祐尊僧正が再びこの地に復興した。

続きを読む "アジサイ咲く成就院"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

モブログ!由比ガ浜の海

由比ガ浜の海
由比ガ浜の海
初めてのモブログは由比ガ浜ビーチから発信!うまくできるかなぁ。
週に1回しか海を見ていなくても、毎週、海の様子が違うのが分かる。グレーの時もあれば、赤い時もある。今日の海は青くてキレイ。水平線の空は白に近いペイルブルー、海はマリンブルーで、その手前はターコイズブルー。もっと手前はまたマリンブルー。波の高さは黒みかがり、しぶきは真っ白で、砂浜まで白い泡を引きずりながら押し寄せる。波間には黒いシルエットとなったサーファー達が今日もいっぱいだ。
ビーチを見渡せば、イスに座ってのんびりしている人もいるし、すでに水着姿で日光浴を楽しむ人もいる。犬は走り回り、海で泳ぎ、どの犬も顔が笑っている。鎌倉の犬は幸せだな。
ふと気付けば、電信柱みたいな棒が一定の感覚で立っている。ビーチを歩いて行くと、シャベルカー(?)が木材を運んでいる。1ヵ月後に迫るビーチカフェ/バーや海の家の建設が始まったんだ!あぁ~夏が待ちきれない!

続きを読む "モブログ!由比ガ浜の海"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »