« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月25日 (木)

カエル誘拐犯、現る!結末そして10年後の話

081223gatehouseシアトルタイムズの記事ではカエル誘拐犯はミステリーのままだったが、アンビリーバボーでは話は続いていた!

カエル誘拐犯はやがて全米ネットの番組で明らかになった。
ナイト家とは離れているが同じ町に住み、世界を旅するタトゥーアーティストのフィル・ジラードと彼の友人である船乗りのリチャード・スペンスが誘拐犯だったのだ。リチャードは父からカエルの置物を大切にしているナイト夫妻の話を聞き、いたずらを思い付いた。そしてナイト家の庭からカエルの置物を盗み、2人は交互に世界中から手紙や写真を送ったのだった。
その後、ジョン・ナイトが病気で苦しんでいると知り、彼を励まそうと考えた。しかも、ジョンが旅行好きだった事を知り、世界中のあちらこちらでカエルを撮影し、彼を喜ばせたかった。ジョンは病気でどこにも行けずふさぎ込んでいて、だから彼はカエルは自分の代わりに旅をしていると思ったのだ。


2008年6月19日のゲートハウスニュースサービスに10年後のカエルのフィルの記事を見付けたので、併せて英語のレッスンに使用した。こちらも私の訳がおかしかったらゴメンナサイ。所々省略&要約し、記事の最後の方はカットしている。

日本のフジテレビの番組・アンビリーバボーがフィリップ・ジラードとリチャード・スペンスを取材しに来た。カエルの置物のエピソードを夏の終わりに放映するためだ。カエルのフィルは19ヶ国で取り上げられたが、フィル・ジラードはこんないたずらは世界のどこにでもよくあると言う。「みんな、アイデアが良くて害のないジョークが好きなんだと思う」。
タトゥー店を経営しているフィルはいたずらが大好きで、何かを世界のあちこちに持って行こうと思い、似たような話を聞いたのだ。リチャードはナイト家の庭にあるカエルの置物を取る事を思い付いた。「オレ達はまるで誘拐犯みたいにキッチンで計画したんだ」とフィル。「まるでとてつもない犯罪みたいにね。でも大事なことだったんだ」。

続きを読む "カエル誘拐犯、現る!結末そして10年後の話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

カエルの置物、クリスマス休暇に帰える話

081223seattletimes今年の夏だったか秋だったかはっきり覚えてないが、テレビで何気なく「アンビリーバボー」(たぶん再放送)を見ていたら、カエルの置物の話に引き込まれて、すっかり感動してしまった。それ以来、誰かにこの話を話したくてしょうがない。友人に会えば、「ねぇ、カエルの置物の話、知ってる?」と自慢気に話すのだ。1ヶ月前頃から、そうだ、この話は今年最後の英語のレッスンに使おうと思い立ち、パソコンを駆使して探し出した。1998年12月23日のシアトルタイムスに掲載されいたのだbleahnote YAYgood 私の訳がおかしかったらゴメンナサイ。内容はこんな感じだ。

マサチューセッツ州スワンジーに住むガートルード・ナイトが庭で作業をしていると、庭に置いてあったコンクリート製のカエルの置物がなくなっているのに気付く。ラブチェアに座っていたカエルのペアの内の1匹を誰かが盗んだのだ。最初はどこかの子供が持って行ったのだろうと思っていた。
ところが数週間後、メリーランド州から1枚の絵はがきが届いた。「庭に座ってるのには飽き飽きした。出かけてくるよ。カエルより」。
さらにニューヨークからも手紙が届いた。「親愛なるママとパパ。元気にしてる?ボクはちゃんと面倒見てもらってるよ。今、ニューヨークに来てるんだ。ホリデーには帰るからね。ボクのガールフレンドをよろしく。またすぐに手紙を書くよ。カエルより」。同封されていた写真には、ニューヨークの地下鉄駅の外で座っているカエルとブロードウェイと52番街の標識に接近するように高く持ち上げられているカエルが写っていた。


アンビリーバボーを見たので分かったのだが、手紙の書き出しがいつしか親しみを込めたパパ、ママに変わったのだhappy01heart04

続きを読む "カエルの置物、クリスマス休暇に帰える話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

紅葉狩り@長谷寺+鶴岡八幡宮

081213hasederamon江ノ電・長谷駅から徒歩約7分、長谷寺は観音山に位置する浄土宗系統の単立寺院。観音霊場坂東三十三か所の第四番札所。
300円払って、裾野の下境内から入ると、妙智池と放生池が配された回遊式庭園がある。放生池の回りには紅葉が彩り、水面に色を映していたlovelymaple
721年(養老5)、大和の長谷寺の開基である徳道上人は山中でクスノキの大木を見付け、2体の十一面観音像が作られた。その1体は大和の長谷寺の本尊となり、もう1体は祈請の上で海に流されたという。その15年後、相模国の三浦半島の長井浦(現在の初声あたり)に流れ着き、鎌倉に還された。736年(天平8)、藤原房前を開基、徳道上人を開山とし、その十一面観音像を本尊とし長谷寺を建立したと伝わるconfident081213hasederaike

続きを読む "紅葉狩り@長谷寺+鶴岡八幡宮"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

紅葉狩り@英勝寺+寿福寺

081207eishojimonJR横須賀線の中から見える寺の紅葉が気になっていたのだが、先週も前を通ったのにパスしてしまった。まだ間に合うよなぁと今週もJRの中からチェック…まだ大丈夫だ!
JR鎌倉駅・西口、江ノ電側に出て、北鎌倉方面にせっせと歩くと、JRの線路沿いに英勝寺がある。鎌倉に現在する唯一の尼寺で、1636年(寛永13)、太田道灌の屋敷跡に英勝院が創建。浄土宗。
英勝院は初期の江戸城を築城した太田道灌の四代康資の娘で、徳川家康に使えたお勝の方と呼ばれ、後に水戸家初代の徳川頼房の養母となった。江戸初期に造られた仏殿、祠堂、唐門、鐘楼は神奈川県重要文化財に指定。
塀に囲まれた寺に入り、300円払って進んだ。まずはJRの中から見えた庭の紅葉を確認しなくっちゃ。仏殿の横を通って鐘楼を正面に見ながら、仏殿の向こう側に出ると、どうやら山門の復興工場をしているようだ。唐門をくぐり、階段の上からパチリ。元に戻ると、寺の男性が「今はあっちの紅葉がキレイだよ」と教えてくれた。081207eishojitatemon

続きを読む "紅葉狩り@英勝寺+寿福寺"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年12月 1日 (月)

海蔵寺で紅葉狩り+鶴岡八幡宮

081129stkaizoji小春日和の土曜日は紅葉狩りにお出かけ。JR鎌倉駅西口・江ノ電側に出て、線路沿いを北鎌倉方面に向かって歩く。いい加減に飽きた辺り、突き当たりを左に曲がり、もう~まだかなぁと思う頃、道沿いに紅葉が彩り、多くの人が写真を撮っているのが見える。でも、何となく去年より紅葉が少ないよーな?ってゆーか、ここに紅葉があるのを知っていたので感動が薄れたんだろうか?そうは言っても、グンupグンup高揚してくる感じ変わらないlovelynotenote
そのまま進めば、海蔵寺の山門はもうすぐだ。鎌倉駅から20~30分は歩いたかしら?階段手前の左側には、日を浴びて鮮やかな紅葉が輝く。右側には鎌倉十井のひとつ・底脱ノ井が紅葉を浮かべてひっそりとたたずんでいる。正面の階段を上がり、山門をくぐり抜けたmaple
1253年(建長5年)、鎌倉幕府六代将軍宗尊親王の命により、藤原仲能が七堂伽藍の大寺を建立。1333年(元弘3年)、鎌倉滅亡の際に全焼。1394年(応永元年)、鎌倉公方足利氏満の命を受けた上杉憲定が開山を心昭空外として再興。盛時には十数庵を超える塔頭が立ち並んでいたが廃絶した。1577年(天正5年)、臨済宗建長寺派の寺とし現在に至るconfident081129kaizoji1_2

続きを読む "海蔵寺で紅葉狩り+鶴岡八幡宮"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »