« 桜はまだか? | トップページ | 桜舞う 神苑ぼたん庭園@鶴岡八幡宮 »

2009年4月 6日 (月)

お花見@段葛~鶴岡八幡宮

090403dankazurakomainu金曜日の平日にもかかわらず、JR鎌倉駅の周辺は結構混んでいるなぁ。多くの観光客をかき分けるように、浮き立つ心を抑えることなく早足で段葛に向かうdash
先週、私の英語講師はお花見の季節の鎌倉は観光客が多くて怖いと言っていた。でも私はどんなに混んでいても、桜を見なきゃと思うし、そう思ってこの日を待っていたのは私だけではないhappy02
桜のお花見の歴史は一説によると、平安時代に貴族階級で始まったといわれている。もちろん私の祖先が貴族だったとは思えないけれど、1000年以上の歴史ある行事ということになる。もしかしたら日本人のDNAに刻まれた桜の記憶があるのかもしれない。少なくとも桜が見たいと思う気持ちは受け継がれている。だから桜の季節になるとソワソワしてしまうのだ。アメリカ人にはそんな感覚がないのかもなthink
淡いピンク色のフワフワした桜が見えると気分は最高潮!鳥居の前のこま犬が誇らしげに笑い、やったねと心の中で話しかけるgood090403dankazurahato

●●
090403dankazura090403hachimanike段葛の桜はほぼ満開sign01 天を覆う桜のアーチを見上げて、ついにこの日が来たんだと思うと、うれしくてしょうがないhappy02note段葛を歩きながらも、うれしくてうれしくて、顔がにやけてしまう。散歩しているワンコも楽しそう。近い枝の桜と遠い枝の桜が重なって立体感があるかと思えば、空が開けたり、桜が覆ったりする。あぁ、なんて楽しいのぉ~happy02heart04 サイコーupup
八幡様に着けば、左側の平家池の岸辺に桜が咲き、数人のお花見客が座って風景を眺めている。そこは妙にまったりしていて、時間が停滞しているようだwink
右側の源氏池に行くと、池の対岸に沿って桜が咲き、横長のパノラマ写真みたい。桜は大きな枝をのばし、水面に姿を映しているlovely
再び段葛に戻って、歩きながら桜を見上げる。芽吹き、花が咲き、枯れて、また芽吹く、繰り返されてきた自然の営みは奇跡だ。春の光に包まれた桜花に抱かれて、生命の力強さと美しさを感じる。温かくて優しい母親の胎内で受け継がれた桜の記憶が、生命が誕生する歓喜の記憶と共にうずき出す。この参道の先には何か待っているのか。輝かしい未来を生み出そう。奇跡に満ちた新しい明日が始まるshine 春はいつだってそう思えるのだwink
●●
そして、なんと土曜日にも段葛に行っちゃったりして。へへへcoldsweats01 さすがにスゴイ人出だったけれど、お祭り気分で楽しかった。写真は金曜日に撮ったものを使う事にした。だってそんなスゲー混んでもいなかったし、天気も良かったから。好天は続くみたいだし、もう少しお花見できそうだbleah
鶴岡八幡宮●住所●雪ノ下2-1-31

|

« 桜はまだか? | トップページ | 桜舞う 神苑ぼたん庭園@鶴岡八幡宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24508/29008946

この記事へのトラックバック一覧です: お花見@段葛~鶴岡八幡宮:

« 桜はまだか? | トップページ | 桜舞う 神苑ぼたん庭園@鶴岡八幡宮 »