« CABANON'09でライブ | トップページ | 段葛と大銀杏@鶴岡八幡宮 »

2009年8月10日 (月)

ぼんぼり祭り@鶴岡八幡宮

090809bonboridankazura毎年8月の立秋の前日から9日までの3日間、または年により4日間、八幡様ぼんぼり祭りが開催される。今年は8月6日(木)~9日(日)の4日間で、鎌倉近在の文化人や各界の著名人が描いた書画約400点をぼんぼりに仕立て、夜にはロウソクを灯す風情あるお祭だ。期間中、立秋の前日(8月6日)の夏越祭(なごしさい)、立秋当日(8月7日)の立秋祭(りっしゅうさい)、実朝の誕生日(8月9日)の実朝祭(さねともさい)の3つの祭典が執り行われた。また、鶴岡文庫では昭和47年の雪洞を展示する回顧展を開催されたとか。happy01
残念ながら、私は祭典も回顧展も見た事はないけれど、ぼんぼりだけは見なくちゃと思い、久しぶりに八幡様へ出かけた。dash
段葛に沿って左右に小さなぼんぼりが立ち並び、ワクワクしながら、八幡様へと急ぐ。信号が変わると、先頭に立って鳥居をくぐり抜けた。happy01
太鼓橋の前の暗がりに多くの人がカメラを構え、参道の光景を捕らえる。舞殿に向かって連なる四角いぼんぼりの明かりは滑走路のように真っ直ぐで、突き当たりの空にはライトアップされた本殿が浮かんで見えた。090809bonbori1lovely


090809bonbori2090809bonbori3夜の境内で参拝客は色をなくし、黒い影となってそぞろ歩く。今年は去年より人が多いかも!?ひとつひとつのぼんぼりの前で立ち止まり、ほのかな明かりに照らされた人の顔は、穏やかで優しい。誰もが知る有名人の描いたらしき書画には人だかりができ、思わず描いた人の名前をチェックしたりして。bleah
歩くにつれ、ぼんやりした明かりに包まれた空間は幻想を抱かせ、ここに集う人達も私も、ぼんぼりに映し出された幻灯なのか夢の中にいるのか、実体が曖昧になった。
現代舞踊が始まった舞殿は、過去なのか未来なのか分からない3D映像さながらに光の塊となって輝く。shine
舞殿の回りにも立ち並ぶぼんぼりに沿って歩くと、暗い大階段に多くの参拝客が座って現代舞踊を見物していた。
白旗神社に向かい、実朝さんにお誕生日おめでとうと心の中でつぶやく。そのまま進むと人影は徐々に減り、静寂が襲う。闇の中に小さなぼんぼりの明かりは儚げで、心細くなった。wobbly
ぼんぼりに沿って歩き、再び参道へ出ると、まだまだ人影は絶えそうもない。時間の感覚のないまま歩き回り、夢心地で夏の夜のひとときを過ごした。今もあの明かりを思い出しながら余情に浸り、もう暦の上ではもう秋なんだなぁと思うとちょっぴり寂しい気分になる。think
鶴岡八幡宮●住所●雪ノ下2-1-31

|

« CABANON'09でライブ | トップページ | 段葛と大銀杏@鶴岡八幡宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24508/30943902

この記事へのトラックバック一覧です: ぼんぼり祭り@鶴岡八幡宮:

« CABANON'09でライブ | トップページ | 段葛と大銀杏@鶴岡八幡宮 »