« 夏の終わり | トップページ | 成就院のアジサイ »

2011年4月10日 (日)

断葛~鶴岡八幡宮でお花見

110410dankazura久しぶり過ぎて少々戸惑う。急に思い立って更新する気になったのは、桜が咲いたから。放っては置けない存在だもん。春の出会いと別れを見つめてきた桜は、やっぱり特別なものだ。ピッカピカの一年生が親の手に引かれて入学する朝もきっと桜は優しい眼差しで見送っているに違いない。やがてその握られた小さな手が大きくなって、新しい人生をスタートする時も、いつかその手で小さな手を握り締める春の日も、ずっと見守り続けるのだろう。confidentcherryblossom
土曜日は天気がイマイチだったけど、日曜日は何とかイケそうだ。JR鎌倉駅の人混みを縫って、段葛に向かう。狛犬達に挨拶して、鳥居をくぐると、満開の桜が迎えてくれた。が、ん?catface何かが違う…gawkあっ!sweat01提灯が無い!wobbly段葛も自粛モードなのね。時折、太陽が顔を出し、このチャンスを逃すまいと、シャッターを押した。camerashine
この1カ月、毎日報道されている悲惨な震災の映像に心を痛め、がんばろう日本!と励まし合う...桜はこの日本の状況を知っているのか、無言のまま愛情たっぷりに包み込み、ギュッと抱きしめてくれているようだ。それとも、これは人の気持ちを反映し、そう感じるだけなのか?その問いに桜が優しく微笑む。何だろう…この感じは?catface華やかさとか優美さとかではなく、もっと深く、安らかな感じ…。confident
段葛の並木道は徐々に道幅を狭め、混雑さを増し、八幡様の前の信号待ちの人でごった返す。信号が変わると一目散に八幡様の鳥居をくぐった。run

110410hachiikeicho110410hachigenjiまずは左の平家池に行き、水辺にたたずむ。さっきまでの人混みが嘘のように静かだ。木々に囲まれた空間は左右に建物があるのにどこか神秘的で、現実味が薄い気がする。ん?flair神秘的?段葛で感じた深く安らかな感じって神秘的な事だろうか?ん~、何か違うなぁ。think
本殿に向かい、大石段の袂で大イチョウの無事を確認した。移植された太い幹からは無数の枝が出て、根元だけになった大元の大イチョウからも枝が生えている。木の生命力ってスゴイな。計り知れない強さがある。ん?flair生命力?計り知れない強さ?いや、チョット違う。think
大石段をあがってお参りし、源氏池に浮かぶ旗上弁財天社に寄らなくちゃ。
赤い太鼓橋の上から対岸の桜を眺めた。大きな枝がもたれ、水面に桜色のぼんやりした影を映す。島の奥に行けば、観光客がじっとフォトジェニックな風景に見とれていた。目の前に小さな島が鎮座している。「3」は「産」に通じると、源氏池には3つの島が配置され、繁栄を願ったのだとか。そういえば、段葛は北条政子の安産を祈願して作られたんだっけ…。wink
引き返して、信号が変わると同時に段葛になだれ込んだ。run
桜の並木道を歩きながら、やっぱり段葛は落ち着くなと思った。そう、安心感があって落ち着く感じだ。自分の家の洗剤の匂いがするフワフワのタオルにくるまって、温かくて気持ちいいような…もっと愛情に満ち、包み込まれるあの感じ…パズルのピースがひとつずつはまっていく…深く、大きく、強く、安らかな、計り知れない優しい感情だ…言葉にするとしっくりこない感覚…無償の愛?flairそうだ、それは母性愛!happy01
見上げれば、桜は風に揺れ、変わらぬ優しい眼差しで見つめ返した。大きくなってしまった自分の掌に視線を落とすと、懐かしいような、切ないような、幸福で嬉しいような、様々な感情があふれてくる。親の手の大きさと温もりが私の手に蘇り、ギュッと心を掴まれた。heart04110410dankazura2

|

« 夏の終わり | トップページ | 成就院のアジサイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24508/39583137

この記事へのトラックバック一覧です: 断葛~鶴岡八幡宮でお花見:

« 夏の終わり | トップページ | 成就院のアジサイ »