2008年12月25日 (木)

カエル誘拐犯、現る!結末そして10年後の話

081223gatehouseシアトルタイムズの記事ではカエル誘拐犯はミステリーのままだったが、アンビリーバボーでは話は続いていた!

カエル誘拐犯はやがて全米ネットの番組で明らかになった。
ナイト家とは離れているが同じ町に住み、世界を旅するタトゥーアーティストのフィル・ジラードと彼の友人である船乗りのリチャード・スペンスが誘拐犯だったのだ。リチャードは父からカエルの置物を大切にしているナイト夫妻の話を聞き、いたずらを思い付いた。そしてナイト家の庭からカエルの置物を盗み、2人は交互に世界中から手紙や写真を送ったのだった。
その後、ジョン・ナイトが病気で苦しんでいると知り、彼を励まそうと考えた。しかも、ジョンが旅行好きだった事を知り、世界中のあちらこちらでカエルを撮影し、彼を喜ばせたかった。ジョンは病気でどこにも行けずふさぎ込んでいて、だから彼はカエルは自分の代わりに旅をしていると思ったのだ。


2008年6月19日のゲートハウスニュースサービスに10年後のカエルのフィルの記事を見付けたので、併せて英語のレッスンに使用した。こちらも私の訳がおかしかったらゴメンナサイ。所々省略&要約し、記事の最後の方はカットしている。

日本のフジテレビの番組・アンビリーバボーがフィリップ・ジラードとリチャード・スペンスを取材しに来た。カエルの置物のエピソードを夏の終わりに放映するためだ。カエルのフィルは19ヶ国で取り上げられたが、フィル・ジラードはこんないたずらは世界のどこにでもよくあると言う。「みんな、アイデアが良くて害のないジョークが好きなんだと思う」。
タトゥー店を経営しているフィルはいたずらが大好きで、何かを世界のあちこちに持って行こうと思い、似たような話を聞いたのだ。リチャードはナイト家の庭にあるカエルの置物を取る事を思い付いた。「オレ達はまるで誘拐犯みたいにキッチンで計画したんだ」とフィル。「まるでとてつもない犯罪みたいにね。でも大事なことだったんだ」。

続きを読む "カエル誘拐犯、現る!結末そして10年後の話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

カエルの置物、クリスマス休暇に帰える話

081223seattletimes今年の夏だったか秋だったかはっきり覚えてないが、テレビで何気なく「アンビリーバボー」(たぶん再放送)を見ていたら、カエルの置物の話に引き込まれて、すっかり感動してしまった。それ以来、誰かにこの話を話したくてしょうがない。友人に会えば、「ねぇ、カエルの置物の話、知ってる?」と自慢気に話すのだ。1ヶ月前頃から、そうだ、この話は今年最後の英語のレッスンに使おうと思い立ち、パソコンを駆使して探し出した。1998年12月23日のシアトルタイムスに掲載されいたのだbleahnote YAYgood 私の訳がおかしかったらゴメンナサイ。内容はこんな感じだ。

マサチューセッツ州スワンジーに住むガートルード・ナイトが庭で作業をしていると、庭に置いてあったコンクリート製のカエルの置物がなくなっているのに気付く。ラブチェアに座っていたカエルのペアの内の1匹を誰かが盗んだのだ。最初はどこかの子供が持って行ったのだろうと思っていた。
ところが数週間後、メリーランド州から1枚の絵はがきが届いた。「庭に座ってるのには飽き飽きした。出かけてくるよ。カエルより」。
さらにニューヨークからも手紙が届いた。「親愛なるママとパパ。元気にしてる?ボクはちゃんと面倒見てもらってるよ。今、ニューヨークに来てるんだ。ホリデーには帰るからね。ボクのガールフレンドをよろしく。またすぐに手紙を書くよ。カエルより」。同封されていた写真には、ニューヨークの地下鉄駅の外で座っているカエルとブロードウェイと52番街の標識に接近するように高く持ち上げられているカエルが写っていた。


アンビリーバボーを見たので分かったのだが、手紙の書き出しがいつしか親しみを込めたパパ、ママに変わったのだhappy01heart04

続きを読む "カエルの置物、クリスマス休暇に帰える話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月31日 (月)

語学教育

071230dankazuraあ~ホントに今年も終わっちゃう。早いなぁ。鎌倉は1週間前とは一変してお正月モード。段葛の並木には提灯が付けられ、八幡様には巨大なモニターが設置され、参拝客を迎える準備播但!参道は参拝客で埋め尽くされるのだろう。
今年、英語のレッスンで使った記事で一番興味深かったのはアメリカ・ニューヨークで秋から2つの言語を使用した授業を始めた小学校があるというもの。算数・理科などの授業をフランス語や中国語などで行うらしい。記事には女の子が李白の漢詩を習字する写真が掲載されているのだが、こんな授業もあるんだろうか?
私がこの記事を読んで最初の思ったのは、今、始まったばかりなのか!?ってこと。アメリカは移民の国であり、多彩な民族と文化が共存する。語学や他の文化を知る環境があるのに、今までしていなかったのが不思議な気がした。私は多くの疑問や意見を英語講師にぶつけていた。アメリカは移民に対してアメリカ人になることを望み、移民もアメリカ人になり、英語を話すことでより良い仕事に就けるのだろう。たぶん最初の移民1世は彼らの社会や家庭では彼らの言葉を話し彼らの文化を大切にしていたてと思うのだが、2世、3世と世代が進むにつれ、変わったのだと思う。3世はすっかりアメリカ人なのだ。講師は昔のように、ここが中国系の住む地域、ここがヒスパニック系の住む地域など、はっきり分かれて住まなくなったと言う。今や彼らの文化は細かく分断され、アメリカ社会に溶け込んでいったようだ。

続きを読む "語学教育"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

タイルとダワーとタッチ&ゴー

ある日、鎌倉の古い家が工事現場の白い幕で覆われ、取り壊され、がれきの山になり、片付けられ、そして何も無くなった。白い幕の裾の隙間に、かつてその家の一部であった白いタイルを見付けた私の英語講師は、何の気なしにそのタイルを手に取り、裏を見ると、「MADE IN OCCUPIED JAPAN」の文字…占領下の日本…。講師は感動し、きれいに洗って持っている。何を思ったか、講師は私にジョン・ダワー作の本『Embracing Defeat: Japan in the Wake of World War II 』 を見せてくれた。ピューリッツァー賞など数々の賞を受賞したこの本を講師は数回読み返している。日本語の翻訳版『敗北を抱きしめて 増補版―第二次大戦後の日本人 上下巻』は岩波書店から発行されている。占領軍兵士が見た日本、平和と民主主義への希望に満ちた日本人の姿など、多くの写真を掲載しながら戦後の日本を描いているらしい。
実物としてのタイルは、ダワーの本をよりリアルに、生々しく歴史を感じさせた。


続きを読む "タイルとダワーとタッチ&ゴー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月28日 (水)

フェアでいたい

外国語と言えばなぜか日本では英語って事になってるみたい。しかも外国人には英語で話さなきゃいけないような雰囲気がある。確かに、世界の共通語は英語なのだろう。
バルセロナで友人がスリに会い、おまわりさんの所へ行くと、おまわりさんは英語がほとんど分からなかった。英語ができる人を探してくれたがいない。フランス語はできるかと聞かれ、勉強した事がある私が頑張った。時折、スペイン語と英語を交えて私達が解る共通の言葉を探りながら会話する。決して第二外国語が英語とは限らないのだ。街中をフラフラ歩いてる時、報道人が誰かの回りに集まり、しきりに写真を撮っている場面に遭遇した。何事かと立ち止まってみたものの、全く分からない。するとおばあちゃんが私にスペイン語で説明してくれたのだが、何を言っているのかさっぱり分からなかった。

続きを読む "フェアでいたい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

言葉の壁を感じる時

海外旅行していると、日本人は吹っ掛けられることがある。必死にNO!違うだろ!と叫ぶと、あーバレちゃったって感じに肩をすくめ、ケロッとした態度をされてムカつく。我慢は禁物。怒る時は日本語で文句を言うに限る。でも何だかすっきりしない、イヤーな気分を少し引きずる。これは言葉の壁と言うより、私が日本人だからに違いない。
日本に滞在している日本語ができない英語講師は、店に行って買い物をしても、きちんと事が進んでいるのが分かると言う。それに普段、彼らは同じ言葉を話す外国人同士のネットワークは結構広く、大切にしているようだ。色々な話しをし、海外生活のストレスを発散したり、情報を得たりしているんだろうなぁ。

続きを読む "言葉の壁を感じる時"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

逆の発想

女性英語講師Cが日本に来たばかりの時、自分と同じ位の歳かなと思った生徒に何歳か聞いたところ、自分よりずっと年上なのにビックリ。試しに次から次へ生徒の歳を聞きまくったそうだ。日本人はみんなすごく若くてシワがない!と驚いていた。ん~確かに日本人は若く見られる。海外に行くと子供に見られる人も多いのでは?現在の私の講師はたまに日本女性が話している事を物まね入りで話す時があるけど、ん~分かんな~い風になる!どーも弱々しくハッキリせず、ブリブリしているイメージ?ε(`o´#)失礼な!でも逆に言えば、外国人は大人になるのが早い。ぶっちゃけ老けている!若く見える人の側から見れば、逆側の人は老けて見える事になるのだ。外国人は逆の立場で物事を考えるのが苦手だ。
男性英語講師Nの女性友達はずっと彼氏がいなくて寂しいらしい。日本に住む外国人女性は彼氏ができにくいと言うのだ。英語講師Nは思うに、それは外国人女性(たぶん彼は特に欧米人の事を言っている?)日本人女性に比べて体格がよくタフなので日本の男性には難しいと。ふ~ん…?

続きを読む "逆の発想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

それぞれの言い分

どうも英語の女性講師と男性講師とは意見が違う気がする。女性講師は「男女平等ではない」とか「私の国の夫達はろくに家事や育児をしない」とか不満があるみたい。男性講師はまるで自分はフェアで協力的だと言わんばかりの人もいれば、自分の事はさておいて日本社会を批判する人や、女性に突っ込まれないように気を付けて発言している人もいたように感じたけど気のせい?
ある男性講師は日本人の子供の生徒が父親とほとんど遊んでいないことにショックを受けていた。彼の国では子供を持つ人が残業でもしようものなら、子供がいるんだから早く帰れと言われると言う。その点、日本では労働条件が同じならば子供がいる人もいない人も同じように働く。公平のようであり少子化の原因でもあるような…?ところが彼の国は人口の少ない…この矛盾はどーよ。彼と同じ国の女性講師は「私の国の男性は家の事など何もしない」と言ってたけど…。もしこの2人が一緒の場にいたら、彼は彼女の顔色を伺い発言に注意しただろうか?

続きを読む "それぞれの言い分"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

ビューティフル

昔テレビで見たコカコーラ ライトのCM…女の子がイルカと泳いでいる。コピーはこんな感じだった。


誰かと自分を比較しなくなった時
自分が好きになれました
ビューティフル

          コカコーラ ライト


ふとした瞬間に、なぜかあの映像と共にこのコピーを思い出す。それは「ビューティフル」という言葉が「開けゴマ!」みたいな何かの合図であるかようにスイッチが入って、あのCMを思い出す。その度にビューティフルとは何か考える。
何年か前にテレビ番組で日本を訪れた外国人観光客がニシンそばに驚いた。ニシンそばは、温かいつゆに入ったそばの上にニシンが丸々ドーンとのっていて、外国人には不気味に見え、私にも見た目は決して美しくは見えなかった。しかし彼女はそれを食べながら、「ん~ビューティフル!」と言ったのだ。ビューティフルっておいしいってことなのかなぁ?

続きを読む "ビューティフル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

メールノート

現在の私の英語講師は、ここ何回か前のレッスンからその日のレッスンで使われた、あるいは分からなかった単語や意味・例文をパソコンに入力しながらレッスンし、後でメールしてくれるようになった。
よく話に夢中になったりしてメモを取らないことがある。後で何て単語だったか思い出せず、なんとなくこんな響きだったなぁと、かすかに頭の中に残るサウンドを頼りに辞書で片っ端から調べまくってたものだ。
こんな事もあった。随分前の講師が、日本の豪華な霊柩車に驚いた話をしたことがある。霊柩車はヒアース(hearse)というのだが、講師(スコットランド人)の発音は私の耳にはヒースと聞こえた。後になって彼女がホースじゃないわよと言ったのは覚えていたのに肝心の正しい単語が出てこない。ハース、ヒース、フース、ヘースと家に帰って唱えてみたがピンと来なくて結局、辞書を引いた。まぁこんなことはまだましなんだけどね。

続きを読む "メールノート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧