2009年5月31日 (日)

corretttoでランチ

090502corretoiriguchiあ~気が付けばすっかりブログの更新サボってしまった。ゴールデンウイークに行ったコレットを紹介しようと思いつつも、もう5月は終わる!ヤベーよ。とにかくそこは秘密にしておきたいようなステキなイタリアンバールだ。だってチョ~混んでいるゴールデンウイークの鎌倉でもゆっくりできたから。たぶんその時はまだあまり知られていなかったからかもね。人気店になるのも時間の問題だな。
紀伊國屋の前の通りを北鎌倉方面に少し歩いて、左に入った所にコレットはある。イタリアの国旗が目印だ。少し早めに着いたので店先で待っていた。店の前のウッドデッキには木とスチールのコンビイスとテーブルがある。外で食事もいいかもなぁなんて思っていたら、店がオープン。一番に中に入り、好きな席に座れて、ラッキーだったわん。お得なAランチを注文した。
クールで洗練された印象の白い店内は穏やかな光に満ち、茶色い木のテーブルが温もりを与えている。背中も脇もすっぽり包み込まれるような白いイスはゆったりしていて、くつろげるのがウレシイ。白い壁に絵が掛けられ、ギャラリーのようでもある。そんなに広いわけではないのに、ゆとりを感じる空間が魅力だ。

続きを読む "corretttoでランチ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

Romi-Unie ConfitureとBoNJoUR

090111bonrom090111rombagJR鎌倉駅・西口、江ノ電側から紀伊國屋に向かう途中にあるパン屋・ボンジュールでバタールを買いに行くと、カンパーニュやクロワッサンなど目移りし、2・3個買おうか散々悩んだあげく、やっぱりバタールだけで我慢しよっと。パン屋さんに行くと色々食べてみたくなるのよねーbleah
その足で、紀伊國屋の前の道路を右に曲がってしばらく歩き、ロミユニコンフィチュールに行った。シンプルでカワイイ店内は、どこか外国の雰囲気。同じ容器に入ったジャムが左の壁の棚に並び、ジャムそれぞれの名前と説明文、甘味・酸味・香りの程度を表す丸印、おすすめの食べ方が書かれたカードが貼ってある。ひとつひとつじっくり読みながら、またここでも悩む。棚にはジャムの一覧が書かれた紙が置いてあった。それによると、季節のフルーツジャムシリーズ「ア・ラ・メゾン」、ミルクジャムシリーズ「ヴァッシュ」、キャラメルペーストシリーズ「キャラメル」、チョコレートペーストシリーズ「タルディネ」の4シリーズがあるようだ。やっぱりまずはフルーツジャムがいいかなぁ。イチゴとフランボワーズのアニヴェルセール、レモンとオレンジのマーマレードのアミティエ、キウイとアプリコットのイリュミネもおいしそう。ん~。よし、イチゴとオレンジのブリヨンスにしよう。ジャムの他にパンケーキミックスやクッキーも置いてあったけれど、今回はパス。レジで清算すると、ジャムを入れてくれた紙袋があまりにカワイくてキュンとした。ここは乙女心鷲づかみの店だなlovelyheart04

続きを読む "Romi-Unie ConfitureとBoNJoUR"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

abileの絶品サラダ

081123abileJR鎌倉駅から小町通りに入って、最初のかどを左に入り、パチンコ屋さんの向こうのかどにあるアービレはステキなレストラン。初めてそこを訪ねた時からこの店のとりこになった。いつも私のお腹を満足させてくれるのだlovely
ガラス戸を開けると、左にカウンター席、右にテーブル席があり、左奥がキッチン、右奥に貸し切りで食事会ができそうな部屋がある。常連客らしき人がカウンター席に座って、時折、店の女性と会話を楽しんでいる。その女性がオーダーをとり、奥のキッチンで男性2人が料理をしているようだ。たぶん旦那さんと息子さん?…と、勝手にそう思っている(違ってたらゴメンナサイ)coldsweats01
店の雰囲気は特に新しくもなく、あえて言えば中途半端に古いかも!? でもここに来るとなぜかパリのカフェを思い出す。それも大通りの有名なカフェではなくて、路地裏の地元の人が集まるカフェだ。それはたぶん店の女性の雰囲気かもしれない。背筋をピンと伸ばし凛としたたたずまいで、お客に接している。なんかカッコイイのbleah

続きを読む "abileの絶品サラダ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

onari cafe

081025onaricafeある日、鎌倉を散歩していたら、御成通りの奥の通りにカフェができているのを発見し、それ以来チョット気になっていた。それからしばらく経って、本屋さんに行った時に鎌倉の本や雑誌を立ち読みしていると、見覚えのある店頭の写真が…あっあのカフェだ!昨年10月にオープンしたというそのカフェはその名もズバリ、オナリカフェ。よーし、行ってみるぞrun

静かな住宅地に建つオナリカフェはガラス張りの外観が目を引く。中に入ると、小さな店内に8人掛けの大きなダイニングテーブルが店の半分以上を占め、手前の窓際に4人掛けのテーブル、右の081025onaricafetable壁際には2人掛けのテーブル、正面が調理場だ。左の壁にはステキな写真が飾ってある。立ち読みした本には「家のダイニングにいるような気分でくつろいで欲しい」というオーナーの思いが書いてあったが、まさにそんな感じ。親しい友人の家のダイニングキッチンにいるみたい。アットホームな安らぎがあるlovely

続きを読む "onari cafe"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

Cafe GRANDBANKSのドーナツ

081012gbanksiriguchiいつか雑誌で見たカフェに行きたくて、若宮大路を歩く。たぶん元ラルフローレンの建物の辺りのはずだなんだけど…看板に気を付けながら歩いていると、あっlovely あったsign01
看板に従って、ビルの2階に上がり細長い通路を進むと、通路の途中にまた別の看板と丸く小さなテーブル席が見える。そこがカフェ グランドバンクスcafe
白くペイントされた看板の上には木を彫ってペイントしたドーナツやハンバーガーのオブジェがのっている。黄色く縁取るようなドアを開けて小さな店内に入ると、左側にカウンター席、左正面は調理場のカウンターで、右側にテーブル席が並ぶ。壁は上半分が白く、下半分が焦げ茶で、四角いテーブルは深い緑色。落ち着いた雰囲気の店内は、黄色いや白のイスが可愛らしさをちらつかせながらも、ヴィンテージ感とアットホームな手作り感が漂う。週末の連休で混雑する鎌倉の喧騒をよそに、静かに時を刻んでいるconfident
このカフェはアメリカンなスロージャンクフードを提唱しているという。ジャンクフードといっても、手の込んだアメリカ料理って事らしく、ハンバーガーやサンドイッチ、ドーナツやクッキーなどがあるようだbleah

続きを読む "Cafe GRANDBANKSのドーナツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

アジサイのお菓子

080622ajisaigashiアジサイの季節は、アジサイをモチーフにしたお菓子をお土産に買って、家でアジサイを思い出しながら食べるのが好き。今年は4種類買ってみたlovely

080622beniyaajisai1080622beniyaajisai2あじさい…2枚入り1箱315円。紅谷のあじさいは神奈川県指定鎌倉銘菓。一年中売っていても、この季節になると買いたくなる。紅谷は八幡様にほど近い若宮大路にあるのだが、行くのが面倒だったので、JR鎌倉駅から小町通りを入ってすぐ右にある長嶋家で買った。実はJR鎌倉駅のキオスクにもある。
あじさいはフランス菓子のクッキーからヒントを得たそうだ。直径10センチはある大きなクッキーにスライスアーモンドでアジサイの花をデザインしている。甘くて練乳のようなコクがあり、食べ応え満点bleah
080622ajisainoshioriあじさいの栞(しおり)…1個390円(税込み)。こちらも紅谷の製品で、アジサイのようなパッケージが可愛いこんぺいとうだ。やはりこちらも小町通りの長嶋家で買ったのだが、ピンク系のこんぺいとうしか残っていなかった。JR鎌倉駅のキオスクではなぜか400円で売っている(同じ紅谷のあじさいはキオスクでいくらだったか、チェックし忘れたcoldsweats01)。他にも紫系や青系などもある。もったいなくて、まだ包みを開けられないconfident

続きを読む "アジサイのお菓子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

鎌倉の地名を持つお菓子@パティスリー チモト

080511chimotosweets080511chimoto悪天候で鎌倉ビーチフェスタは2日間共に中止になって残念。楽しみにしていたのに…。ちぇっsweat01やけ食いだ!お菓子でも買ってやるpunch
パティスリー チモトは御成通りにあるケーキ屋さんで、喫茶も併設されている。いつも買い物途(と勝手に決めつけている)の地元人(と勝手に決めつけている)がお茶している。店の看板の「かまくらクーヘン」の宣伝文句にひかれてはいたけれど、買った事はなかったのを思い出し、店に入った。
右の冷蔵ショーケースにはかまくらクーヘン、シフォンケーキ、ケーキ、シュークリームにゼリー!おっと大好物のプルプル系だlovely左の壁際は多彩な焼き菓子が並ぶ。1つから買えるのがウレシイ…でも誘惑されるのよ。結局、鎌倉の地名にちなんだお菓子を買う事にした(値段を忘れてしまったけれど、かまくらクーヘン以外は150~170円だった)。

続きを読む "鎌倉の地名を持つお菓子@パティスリー チモト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

Seedless@由比ガ浜

080426seedlessゴールデンウイーク初日の土曜日は、あいにくのお天気にもかかわらず由比ガ浜ビーチへ…実は毎週ビーチに来ている。 ビーチ沿いには国道134号が走り、その国道沿いにあるシードレスは最近のお気に入り。ここに来ると気を付けないと口がポカンと開いてしまう位すっかりリラックスできるのだ。木造?の建物で、1階がサーフショップ、2階がシードレスだ。初めてその建物を見た時は、なぜかカリブの海賊を思い出した。
土・日・祝日は11:00からオープンしているけど、平日は17:00からなので要注意。ゴールデンウイークのスケジュールがトイレに貼ってあったけど忘れてしまったwobbly

続きを読む "Seedless@由比ガ浜"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

和風スイーツ@エキスト鎌倉

お花見は一段落し、鎌倉まつりも終わって、ほっとした所で、お菓子でも買うかとJR鎌倉駅のエキスト鎌倉を覗いてみた。お土産に良さそうな名店の銘菓が並ぶ。どれもウマそうで迷ったけれど、プルプル好きの私はプルプル系sign02を選んだlovelyheart04
080420warabupurin

続きを読む "和風スイーツ@エキスト鎌倉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

秋の恵みのお菓子@源 吉兆庵

071124kichouan連休の鎌倉は人・人・人!大渋滞の小町通りに入り、少し歩いた右に源 吉兆庵がある。いつもウィンドウには季節のディスプレイ。吊し柿の飾りに誘われて中に入れば、あった、あった!季節を楽しむ和菓子の数々…栗、芋、柿!ひときわ目を引くカゴに入った大きな柿菓子!隣には栗の和菓子が並ぶ。栗菓子は他にも饅頭やようかんに形を変え、目にも美しい和菓子として変身を遂げている。あれこれ見て悩んだが、少々高価だが柿菓子に目が釘付け…ショーケースの中に柿菓子の中身の見本があった!これはスゴイ!と思い、柿菓子と栗の和菓子を選んだ。071124kichouanwagashi

続きを読む "秋の恵みのお菓子@源 吉兆庵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)